建築デザインコース

概要

建築史や建築計画の講義を通して計画・設計・デザインについての知識を習得します。
環境への配慮を踏まえた実践的な建築やランドスケープなどのデザイン力を身につけます。

意義

木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造の各種建築物は、その基本的な形態、構造、仕上げから成立するものであり、それらを総合するデザイン力が求められることから、各種構造物の特性を踏まえてデザインする専門技能及び関連知識についての教育研究を行います。

構成

デザインに必要となる基礎技能・技術を習得し、建造物の計画・設計、インテリア・エクステリアの計画・設計等を総合的に理解するために必要となる授業科目を段階的に習得出来るよう配当しています。

建設製図・建設CAD

建設製図・建設CAD 右建設製図・建設CAD 左製図用具の使い方、線の描き方、等測図、透視図などの各種図法を学び、模型で立体的に表現する技法を習得します。
建設CADを使った建築図面の描き方や3DCGの制作について学び、計画立案から作図までの一連の作業を、正確に効率よく進めていく方法を取得します。

建設基礎設計

建設基礎設計 右建設基礎設計 左大学内に建設された、ル・コルビュジェ設計による「カップマルタンの休暇小屋」レプリカを体験し、模型制作やスケッチなどで手を動かしながら、小さな空間の中にも様々な建築の可能性を感じとる。
建築の基本的な寸法やスケール感を習得し、空間の多様性を生み出す構成力と表現方法を身につける。

建設応用設計

建設応用設計 右建設応用設計 左建築を単体として考えず、周辺の環境との調和を意図しながら設計する手法を学びます。
建築事例を実際に自分の足で歩いて見学し、実測調査・分析することで、動線計画や利用方法を考えながら設計する姿勢を身につけます。

建設総合設計

建設総合設計 右建設総合設計 左現在社会の状況や地域性、建築の歴史等を踏まえて設計する手法を学びます。
コンセプトの立案からパネルレイアウト、プレゼンテーション手法まで、実務をふまえた設計の流れを習得します。