コンクリートによるものづくり講座を行いました

小学生を対象に「コンクリートによるものづくり講座」を行いました。
詳細は、以下の通りです。

コンクリートによるものづくり講座

対象
小学生
参加人数
のべ約750名、学生TA:10名
開催日時
2013/6/23、8/8、11/2・3、11/9・10
会場
ものつくり大学、入間児童センター、武州ガス
責任者
ものつくり大学建設学科、准教授、澤本武博
備考
行田市主催、埼玉県主催、学祭、武州ガス主催
内容
まず、ビニール袋の中にセメント、水、砂、砂利を入れ、袋を揉むようにしてコンクリートを練り混ぜる。そして、動物や乗り物の形をした枠の中にコンクリートを流し込む。特殊なセメントを使用するため、約15分で枠からコンクリートを取り外すことができる。最後に、絵の具などで着色し、コンクリート製の置物の出来上がり。
意義,成果
身近な建設材料であるコンクリートについて、色々な形に出来ること、また固まる時に発熱するので乾いて固まるのではなく化学反応で固まることを理解してもらう。
入間市児童センター(8月8日)

入間市児童センター(8月8日)

学園祭(11月2・3日)

学園祭(11月2・3日)

武州ガス(11月9・10日)

武州ガス(11月9・10日)

作品

作品

カテゴリー: お知らせ タグ: , , パーマリンク