土木学会,建築学会共催のシンポジウムにおいて,建設学科4年生が優秀講演者賞を受賞しました!!

11月9,10日,建築会館において,土木学会と建築学会との共催で,「第12 回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム」が開催されました.
大学院生の菊地新平君(岩手県立水沢高校出身)が中心になって「鋼製梁を補強したCFRPシートの接着限界に関する実験研究」を執筆しました.
11月10日に本実験のリーダーを務めた建設学科4年生の飯塚正貴君(群馬県立富岡高校出身)がその内容を発表し,優秀講演者賞を受賞しました.

詳細は,橋梁・構造(大垣教授)研究室のホームページに掲載しています.


 

 

 

 

 

 

カテゴリー: お知らせ パーマリンク