学部・大学院

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • ものつくり大学  大学紹介ダイジェスト
  • 全画面印刷
  • 本文の印刷
  1. TOP>
  2. 学部・大学院>
  3. 製造学科>
  4. 製造学科 教員一覧

製造学科 教員一覧

  • 技能工芸学部製造学科 教員一覧
  • 技能工芸学部建設学科 教員一覧

平岡 尚文 教授・教務長・博士(工学) 研究室ホームページへ
主要経歴 京都大学修士修了、(株)東芝
資格:有機溶剤作業主任者、玉掛け作業者
担当科目 トライボロジー、搬送装置制作評価、数学、熱力学
メッセージ トライボロジーとは摩擦・摩耗・潤滑に関する技術学問体系のこ
とです。ほとんどの機械はこの技術がないと動きません。ものづくりの基盤技術であると同時に,ナノテクやバイオに向けて新技術の開発も盛んです。トライボロジーを駆使してものづくりが行える優秀な技術者を育ててゆきたいと考えています。

高橋 正明 教授・学科長・博士(工学) 研究室ホームページへ
主要経歴 東京都立大学修士修了、(株)日本ビクター、東京都立航空工業高等専門学校、日進超精密技術研究所、東京工業大学
担当科目 3DCG制作入門、OS基礎、画像処理実験、CAD演習(基礎・応用)
メッセージ 「ものつくり」の基本となる加工や測定の仕事や研究をしてきました。現在、平面 や球面を対象に、1の1/10000といった高い精度に仕上げ、それを評価する研究を行っています。「ものつくり」を学ぶには、実際に設計したり、加工したりすることが大切です。これからの「ものつくり」には、コンピュータやITを道具として活用していくことも必要とされています。これらを修得する手伝いができればと考えています。

小塚 高史 教授・ものつくり研究情報センター長 研究室ホームページへ
主要経歴 北見工業大学卒業、トヨタ自動車株式会社
担当科目 ものつくりマネジメント、生産管理、トヨタ生産方式
メッセージ ものつくりの現場や企業経営の最前線では常に様々な問題を抱えており、問題を明らかにし、そして見える様ににしながら1つ1つ改善し、管理水準をレベルアップする、そのサイクルを回すことがとても重要です。そのための考え方や仕組みづくりを共に学んでゆきましょう。諸君らが将来ものつくりの第一線で自ら考え、行動し、活躍する姿を楽しみにしています、共に頑張りましょう。

市川 茂樹 教授・博士(工学) 研究室ホームページへ
主要経歴 日本大学博士修了、拓殖大学講師
担当科目 材料力学演習、板加工実習、彫金実習、変形加工実習、材料評価実験 他
メッセージ 軸受要素となるセラミックス製品の製造方法を研究してきました。これは、広範な知識と若い柔軟な考えが要求される分野だと思います。大学で学んでほしいことのひとつは、問題解決能力です。これからの経験の中には多くのトラブル場面に出会い、解決していくことが含まれています。問題解決能力を養うための幅広い知識と経験を学生諸君とともに学んで行きたいと思います。

香村 誠 准教授・博士(工学) 研究室ホームページへ
主要経歴 慶應義塾大学博士課程中退,三機工業株式会社,東京海洋大学非常勤講師,明治大学兼任講師
担当科目 基礎物理,数学,流体力学および演習,流体機械および実験, 伝熱工学および演習,プロセスイノベーション 他
メッセージ 知識や理屈を現実の問題に適用するには、その周辺についての周到な理解が必要です。本で読んで知っている程度ではエンジニアは務まりません。まず実現象をよく見て理解し、問題解決や新たな発見のためには何が必要なのか目的意識を持って考えて下さい。そして必要な道具 -加工技術であれ数学であれ- を実際に使ってみながら、徐々に揃えていって欲しいと思います。

佐久田 茂 教授・博士(工学) 研究室ホームページへ
主要経歴 東京大学修士修了、株式会社東芝
担当科目 材料力学、数学、物理、工学基礎 他
メッセージ 生産技術部門で精密機械設計、加工開発、企画業務に従事してきました。製品毎の特性を踏まえてトータルでものづくりがどうあるべきか、海外進出も含め、製造現場の課題は山積です。今後の課題解決には何が必要なのか、教育・研究を通して学生諸君と一緒に悩み、成長していけたらと思っています。

菅谷 諭 教授・博士(工学) 研究室ホームページへ
主要経歴 東北大学修士修了、NEC、アリゾナ大学オプティカルサイエンスセンター、静岡理工科大学
担当科目 コンピュータの仕組、情報機器入門、工学基礎実験、C言語入門、数学 他
メッセージ 光エレクトロニクスを基盤技術として、高機能化/高性能化をはかった次世代情報機器の研究を行ってきました。皆さんが壁にぶつかっても、工夫して乗り越えていくことができるようにサポート致しますので、自分の力で、社会に役立つものをつくり上げる達成感を味わえるように、一緒に勉強していきましょう。

武雄 靖 准教授・博士(工学)・技術経営修士(専門職) 研究室ホームページへ
主要経歴 東京農工大学博士修了、東北職業能力開発大学校講師、千葉職業能力開発短期大学校成田校准教授、関東職業能力開発大学校准教授
資格:特級機械加工技能士、一級機械保全技能士、職業訓練指導員(機械科)
担当科目 機械工作および実習、応用機械工作実習、工作機械、フレッシュマンゼミ、創造プロジェクト
メッセージ 中小自動車部品メーカーでの生産技術業務に従事した後、職業能力開発大学校で機械加工を中心に実践的な教育訓練を行なってきました。
現代の機械加工は、工作機械のコンピュータ化により、高度で高精度な加工が、簡単にできるようになったと言われています。一方で、高性能な工作機械を、効果的、効率的に扱うには、熟練した技能が不可欠であることが知られています。
本学製造学科では、「技能のわかる技術者」を育成しています。実際のものづくりを通して、技能とは何かを探求し、最新の加工技術に対応できる技術者を育成していく所存です。

土井 香乙里 講師・修士(文学) 研究室ホームページへ
主要経歴 早稲田大学大学院教育学研究科博士後期課程、早稲田大学人間科学学術院人間情報科学科助手、早稲田大学人間科学学術院人間総合研究センター客員講師、 東京電機大学理工学部インストラクター
資格:高等学校教諭 専修免許状(英語)
担当科目 英語基礎、英語応用、技術英語I, II、実用英語
メッセージ 「ことば」を「文化的価値観・社会・人間の認知」の視点から包括的に考える立場で、英語と日本語を比較する研究をしてきました。研究で明らかになったことを英語教育に役立てたいと思っています。 学生の皆さんも、将来企業等で働く際、専門の技能・知識以外に英語をツールとして使用できると可能性が広がります。 授業では、語学的な習得だけではなく、異文化を知り、英語でコミュニケーションができる楽しさを知ってほしいと思います。

西 直美 教授・工学博士 研究室ホームページへ
主要経歴 東海大学大学院博士修了、リョービ株式会社、一般社団法人日本ダイカスト協会、九州工業大学非常勤講師、日本大学理工学部非常勤講師
資格:一級ダイカスト技能士(コールドチャンバー、ホットチャンバー)
担当科目 材料工学、鋳造および実習、材料評価および実験 他
メッセージ 溶融金属を型に注入して製品を得る鋳造プロセスおよびその材料の研究開発を行ってきました。中でも高速・高圧で精密な金型に溶融金属を射出・充填するダイカストに関して主に取り組んできました。鋳造プロセスは、今日のものつくりの基盤技術として重要な位置づけにあり、今なお進化し続けています。本学は、ものつくりにおける技術と技能を習得できる特色ある大学です。明日のものつくりに向けて学生諸君とともに発展していきたいと思います。頑張りましょう。

原 薫 教授 研究室ホームページへ
主要経歴 職業訓練大学校卒、東京職業能力開発短期大学校、ものつくり大学設立準備財団、東京都立航空工業高等専門学校非常勤講師
資格:職業訓練指導員免許
担当科目 基礎数学、基礎物理、伝熱工学応用実験、CAD演習(基礎・応用)、熱力学演習
メッセージ 能力開発短期大学校で14年間にわたり自動車とエンジンの教育・研究に携わりながら、「実」と「学」を融合・一体化させた教育を実践してきました。現実体験を重んじるものつくり大学のカリキュラムは、テクノロジストに必要な「嗅覚」を養うのに大いに役立ちます。

VICHAI SAECHOUT 教授・工学博士 研究室ホームページへ
主要経歴 東京工業大学博士修了、(株)東芝、東京工業大学
担当科目 基礎電気実験、パワーエレクトロニクス実験 、自動制御実験、メカトロニクス実験 他
メッセージ 民間企業と共同で、様々な課題に対して制御技術を応用し、例えば、医療機器における手術台のコンピュータ制御、ダム水位 の制御、加速器の電源制御などをベースに開発してきました。開発の最中には、新しい技術・アイディアも誕生します。ものつくり大学で、制御を通 じて、新しい技術の発見の面白さを体験してほしいと思います。柔軟性を持って、世の中に役立つ、新しいものを作り出すことを期待しています。

平井 聖児 教授・博士(工学) 研究室ホームページへ
主要経歴 東京都立大学修士修了、(株)ニコン生産技術本部、東京都立工業高等専門学校助教授
担当科目 基礎数学、機械システムとメカニズム、フレッシュマンゼミ
メッセージ IT産業を支えているシリコン半導体部品などのマイクロマシーニングについて、その加工メカニズムの解明およびモデル化、そして実用的なマイクロ加工機の開発を行ってきました。次世代のマイクロ加工機によるスモールサイズ生産ラインの実現を目指していきたいと考えています。学生諸君と共に悩み、行動し、「ものつくり」の醍醐味に触れていきたいと思います。

堀内 勉 教授・博士(理学) 研究室ホームページへ
主要経歴 早稲田大学修士修了、日本電信電話株式会社
資格:高圧ガス製造保安責任者 丙種化学(特別)
担当科目 材料力学、材料強度ほか
メッセージ 化学センサやバイオセンサの研究をしてきました。センサは情報の入り口です。これからは地球環境や生体を構成する物質がすべて貴重な情報となります。物質に応じて最適なセンシングの方法を考えなければなりません。役立つセンサに仕上げるためには、材料から経済にわたる広範囲なものづくりの知識や経験が必要です。何をどうやってセンシングすれば社会に貢献できるのか、未来の世界を担う学生諸君が自ら学び、考え、行動していくことを期待します。

松本 宏行 教授・博士(工学) 研究室ホームページへ
主要経歴 工学院大学博士修了、東京農工大学特別研究員、東京農工大学・工学院大学非常勤講師
担当科目 CAD設計製図、数値解析演習、数値計算、機械力学、CAD演習(基礎・応用) 他
メッセージ 「ユニバーサルデザイン」というキーワードはご存知でしょうか?ユーザにとって使いやすいデザインとは何か、「もののデザイン」について考え実践することを目的とした研究室です。
他にも、「人工筋肉」を用いた柔らかい機械の創造、高次スペクトル(バイスペクトルなど)を用いた振動、音データの解析やデザインに関する研究も行っています。
皆さんと一緒に新しいものづくりに取り組むことを楽しみにしています。

三井 実 准教授・博士(情報科学) 研究室ホームページへ
主要経歴 職業能力開発大学校電子工学科卒業、北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士前期課程修了、石川職業能力開発短期大学校 情報技術科部外講師、北陸先端科学技術大学院大学博士(情報科学)取得、北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科研究員
資格:職業訓練指導員(電気科、電気工事科、電子科、メカトロニクス科、コンピュータ制御科、情報処理科)
担当科目 基礎電気工学および実習2,ディジタル回路および実習,アナログ回路および実習,メカトロニクスおよび実習,基礎数学全般
メッセージ ものつくり大学・製造学科は、何かを発想したらすぐに形にできる環境(設計環境、工作機械、ディジタルファブリケーション、電子工作環境および測定器)が揃っています。さらにそれらを思ったらすぐに利用できるところが最大の推しどころです。講義体系や卒業研究、学生プロジェクトに参加することなどで、発想・企画・設計・加工・組立・評価と、ものづくりに必要なプロセスの全てを学び体得できます。ぜひ一緒にものづくりを楽しみましょう。

龍前 三郎 教授・博士(工学) 研究室ホームページへ
主要経歴 東京工業大学博士修了、東京工業大学、明治大学非常勤講師
担当科目 自動制御実験、センサ技術実験、基礎電気計測、ロボット技術実験
メッセージ 大学や研究機関で計測・制御・システムといった「現象やものの見方」を扱う研究とともに、「ロボコン」等の実践教育に携わってきました。 これからの「ものつくり」には確かな知識や技術だけでなく、経験や豊かな教養から得られる「知恵」と、「もの・自然・人」の関わりを深く洞察する力が重要と考えています。大学では皆さんがこれらの力を身に付ける手助けをするつもりです。

製造学科 客員教授

特別客員教授井坂 康志

井坂 康志
担当科目 ドラッカーのマネジメント論
略歴 【学歴】
早稲田大学政治経済学部卒業
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学
【経歴】
書籍編集者
東海大学非常勤講師
早稲田大学社会連携研究所招聘研究員
早稲田大学ビジネススクール特別招聘研究員
明治大学文明とマネジメント研究所客員研究員
ドラッカー学会理事・事務局長など

特別客員教授大岡 紀一

大岡紀一
担当科目 材料評価および実験
略歴 昭和40年日本原子力研究所入所
原子炉施設に関わる各種装置の試験・検査
試験・研究炉燃料の開発試験
IAEA(国際原子力機関)主催非破壊試験技術者の教育・訓練指導(15年間)
平成15年から(社)日本溶接協会参与、現在ISOTC135(非破壊試験)日本代表
漏れ試験分科会国際議長、ICNDT(国際非破壊試験委員会)名誉会員
賞罰:平成5年度通商産業大臣表彰、平成13年度外務大臣表彰
平成20年度経済産業大臣表彰

特別客員教授神谷 聖志

担当科目 機械製図および実習Ⅱ
略歴 ㈱東芝 生産技術研究所研究部長、主任研究員、半導体製造装置・情報機器・重電機器部品生産装置などを開発
東芝セラミックス㈱開発研究所所長、半導体用部品・ファインセラミックス部品製作などの研究
ものつくり大学技能工芸学部製造学科教授、学科長・学部長・教務長などを歴任

特別客員教授櫻井 大八郎

担当科目 サスティナビリティ技術特論Ⅰ・Ⅱ
略歴 工学博士、技術士(金属)
新日鐵㈱、日本鋳鍛鋼㈱ 高級大型鋳造品の製造、技術開発
三菱マテリアル㈱、㈱ラドテック、㈱セルナック 放射性廃棄物を含む廃棄物の処理システムの開発と設備建設

特別客員教授鈴木 克美

担当科目 鋳造および実習
材料評価および実験
高度加工技術2および実習
略歴

特別客員教授関根 次雄

担当科目 ものづくり実務概論Ⅰ
海外工場計画
信頼性工学
ものづくりビジネスマネジメントおよび演習
略歴

特別客員教授東江 眞一

担当科目 ビーム加工および実習
先進機械加工および実習
略歴

特別客員教授日向 輝彦

担当科目 機械工作および実習D
略歴

特別客員教授林 正

担当科目 ドラッカーのマネジメント論
略歴 1948年、北海道生まれ。早稲田大学大学院経済研究科卒。1975年経団連事務局入局。広報部次長、総務本部秘書グループ長、環境・国土本部長、産業本部長等を経て、2004年(財)経済広報センター常務理事・事務局長。
経団連依願退職後、2006年より一年間マサチュセッツ工科大学センター・フォ・インターナショナル・スタディズ、リサーチ・フェロー。現在、HTNコンサルティング代表。

特別客員教授藤澤 政泰

担当科目 生産機械
略歴

特別客員教授細田 保弘

担当科目 機械工作および実習B
応用機械工作実習A
旋盤アドバンス
略歴

特別客員教授三橋 眞成

担当科目 機械システムとメカニズム
略歴

客員教授海老澤 洋子

海老澤 洋子
担当科目 工業デザイン基礎および実習
モックアップ技法
略歴 ソニー株式会社にてソニー製品のプロダクトデザイン、パッケージデザインを担当
HILOデザイン研究所にて、キッチン用品のデザイン、建築のサインデザイン業務に従事
ものつくり大学製造学科客員教授、東洋大学ライフデザイン学部非常勤講師

客員教授平塚 剛一

担当科目 応用機械工作実習D
機械工作および実習C
略歴

客員准教授平尾 尚武

担当科目 工学基礎および実験Ⅰ・Ⅱ
基礎数学および演習Ⅰ
略歴
  • 技能工芸学部製造学科
  • 技能工芸学部製造学科オリジナルサイトはこちら

ものつくり大学へのお問い合わせ

各種お問い合わせページはこちら

048-564-3200(代表)[受付時間] 月~金曜日 9:00~17:00 〒361-0038  埼玉県行田市前谷333 番地

アクセス

大学ガイド資料請求

ページトップへ

キャンパスカレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スケジュール一覧を見る

入試カレンダー

取組み・各種情報

  • 地域交流
  • 生涯学習等の取組み
  • 情報公開

付属機関・関連施設

  • 図書情報センター
  • ものつくり研究情報センター
  • 認証評価
  • ものつくり大学通信
  • ものつくり大学紀要
  • もっくん日記
  • 同窓会

大学からのお知らせ一覧