学部・大学院

  • オープンキャンパス
  • 大学ガイド資料請求
  • ものつくり大学からみなさんへ
  • 全画面印刷
  • 本文の印刷
  1. TOP>
  2. 学部・大学院>
  3. 建設学科

建設学科の教育力

建設学科教員紹介  建設学科オリジナルサイト

未来の暮らし・社会を支える人材となるために
建築物とは人々が暮らす生活空間であり、都市を形づくる機能であり、未来につながっていく環境でもあります。手掛ける建築物の大小はあっても、そこに注がれる技術や知識は、多様な要素を秘めています。それら建設に関わる多様な要素を、本格的な自習を通じて体感しながら学んでいくのが建設学科の大きな特長です。
キャンパス内にある屋外実習場で原寸モデルを建設していく過程では、講義や縮小モデル制作だけでは感じることのできない喜びや厳しさを感じ、やりがいや達成感を得ることができるでしよう。その経験こそが卒業後の大きな力となるのです。

学びのポイント

  1. 1・2年次で、建設におけるすべての分野の基礎を学びます。幅広い力を身につけるだけでなく、多くの経験を積むことが、将来の進路を決めるうえの多様な選択肢につながります。
  2. 授業の約7割が実習・演習および設計で占められています。指導するのは実務経験豊かな教授陣と各界一流の技術者なので、より実践的な力の習得が可能。キャンパスの施設を授業の一環として自分たちでつくることもあります。
  3. 3年次からは「木造建築」「都市・建築」「仕上・インテリア」「建築デザイン」のモデルコースを用意。履修モデルを参考にすることで、将来像に合わせた専門性の高い知識を集中的に学べます。
  4. 授業に沿う形で、在学時からの資格取得が可能。また建築士受験には指定科目40単位以上の修得が必要です。建設学科ではその指定科目を約200単位用意しており、建築士受験に非常に有利な環境となっています。
  5. インターンシップの機会は2年次(実働40日間)と4年次(実働40日間または80日間)の2回。圧倒的な長期の社会経験を実現する最大6ヶ月というインターンシップで、知識と技術に加え、大きな自信が得られます。

履修モデルコース

建築、土木、造園、設備、環境等、建設分野全般にわたって総合的に教育研究を行う学科です。4つの履修モデルコースを設置しております。

履修モデルコース詳しくはこちらPDF (PDFファイル 4.90 MB)

木造建築コース:伝統的技能の継承から現代木造住宅建築まで

古くから現代にまで脈々と受け継がれている木造建築の技法。その実践的な技術を学ぶ、日本の大学建築教育の中でも非常に希少なコースです。
めざすのは木造の建築物を一式建てられるだけの、技能と知識の獲得。木を中心とした素材への理解から、伝統技能に新たな創意工夫を加える発想力など、求められる能力はさまざま。木造系建築物を建設するだけでなく、伝統的建造物の保存修理、復元などの分野でも活躍が期待されます。

都市・建築コース:スーパーゼネコンから専門工事業まで幅広い進路を実現

コンクリートや鉄などの材料や構工法だけでなく、構造物の維持管理、社会資本の有効活用なども含めて学習。構造物築造に関するさまざまな技能と知識を、総合的に習得するためのコースです。
実習では本格的な構造物を実際に制作。設計、計画、仮設など、工事過程に求められる技能や知識に加え、現場マネジメントの能力なども体験を通じて学ぴます。加えて新素材・技術を用いた施工法など、最先端分野にも取り組みます。

仕上・インテリアコース:快適な生活環境づくりのための知識や技術を学ぶ

建物を風や雨から守る、より良い生活環境をつくるための外装・内装の仕上技能を習得するためのコースです。さまざまな材料と技法が存在する仕上では、高い技術はもちろんのこと、材料特性の理解や風土に合わせた技法選択も重要な要素。
さらには作業者をまとめるマネジメント能力も必要とされる、奥深い分野です。またこのコースでは外装仕上に関わる造園や、内装仕上に関わる内装装備(インテリア)についても合わせて理解を深めます。

建築デザインコース:原寸・現場感覚を身につけた建築士や設計士をめざす

建築士をめざす。また構造設計や環境デザインなどを手掛けることを目標としたコースです。機能性、デザイン性、耐久性を兼ね備えた建築デザインを行うだけでなく、使用する人の使い勝手も配慮し、実践的な学びを深めていきます。
また木造・鉄筋コンクリート、鉄骨造など各種建築物の特性を理解したうえで、人間や環境とのマッチングについて考察する能力も習得。環境への配慮がより求められる時代に適応する人材をめざします。

卒業までおよび卒業後に取得可能な資格・免許

卒業(または在学)時に取得あるいは受験資格を得られる主な資格

対象 資格・免許の種類 内容
製造
建設
技術士補 技術士第一次試験受験資格
合格者は技術士補に登録可
建設 アーク溶接特別教育 所定の授業(溶接基礎および実習)を履修し、所定の成績で合格した者に修了証交付
建築積算士補 所定の授業(建設積算Ⅰ)を履修し、所定の成績で合格した者は資格取得
測量士補 所定の授業(GSコース)を履修し単位を修得した学生は卒業時に登録
二級建築士 大学で認定を受けた指定科目を40単位以上修得して受験資格
木造建築士 大学で認定を受けた指定科目を40単位以上修得して受験資格

本学のカリキュラムを履修することで受験に有利となる主な資格

対象 資格・免許の種類 内容
製造
建設
基本情報技術者 2~3年次で受験準備 ものづくりの現場でのIT化に貢献する資格
玉掛け技能 小型移動式クレーン運転技能
フォークリフト運転技能等
学内掲示により、指定期間に短期講習申込・受講(費用別途)
建設 3級技能検定もしくは2級技能検定
(建築大工、造園、左官、家具製作、とび等)
学内掲示により、特別講習の日程に合わせて申込・研修参加・受験(費用別途)
商業施設士補 大学で認定を受けた指定科目を34単位以上修得し、商業施設士補資格講習会を受講修了すること(費用別途)

実務経験を重ねることによって受験資格が得られる主な資格

対象 資格・免許の種類 内容
製造
建設
技術士 技術士補または第一次試験合格後、4年の実務経験で第二次試験の受験資格 合格者は技術士に登録
建設 一級建築士 大学で認定を受けた指定科目を60単位以上修得し、実務経験2年で受験資格
測量士 測量士補として実務経験1年で資格取得
二級施工管理技士
(土木、建築、管工事、造園、建設機械)
実務経験1年で受験取得
一級施工管理技士
(土木、建築、管工事、造園、建設機械)
実務経験3年で受験資格
建築設備士 実務経験2年で受験資格
  • 技能工芸学部建設学科オリジナルサイトはこちら
  • 受験案内について詳しい情報はこちら

ものつくり大学へのお問い合わせ

各種お問い合わせページはこちら

048-564-3200(代表)[受付時間] 月~金曜日 9:00~17:00 〒361-0038  埼玉県行田市前谷333 番地

アクセス

大学ガイド資料請求

ページトップへ

キャンパスカレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スケジュール一覧を見る

入試カレンダー

取組み・各種情報

  • 地域交流
  • 生涯学習等の取組み
  • 情報公開

付属機関・関連施設

  • 図書情報センター
  • ものつくり研究情報センター
  • 認証評価
  • ものつくり大学通信
  • ものつくり大学紀要
  • もっくん日記
  • 同窓会

大学からのお知らせ一覧