「R&R建築再生展2019」が6月11日(火)から6月13日(木)までの3日間、東京ビッグサイト青海展示棟Bホールで開催されました。
この展示会は、建築再生に関するあらゆる分野の優れた技術・工法・製品を一堂に集め、こうした分野に携わる人たちに積極的な情報交換やビジネスチャンスを提供するために開催されています。
今回は、「建築ストックの再生と未来価値の向上」をテーマに、108社・団体の参加のもと、3日間で25,084人の来場者があり、大盛況でした。
本学からは、
 ① CFRPによる鋼管の補強(大垣研究室)
 ② 伝統型民家の軸組復元模型(深井研究室)
 ③ 学生作品(家具)の展示(佐々木研究室)
 ④ 伊勢神宮の模型製作(岡田研究室)
の研究成果を展示しました。
中でも、会津の農家住宅を復元した伝統型民家模型は、精巧かつ緻密に作り上げた製作技術に多くの来場者が感心していました。