学生プロジェクト

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • ものつくり大学  大学紹介ダイジェスト
  • 全画面印刷
  • 本文の印刷
  1. TOP>
  2. 学生プロジェクト>
  3. 建設学科>
  4. 技能五輪全国大会

技能五輪全国大会

◆各都道府県の予選を勝ち抜いた次代を担う23歳以下の青年技能者が42職種で技能レベルの日本一を競う大会です。将来の日本の「ものづくり」を担う若手技能者の技能レベル向上と、技能の大切さをアピールすることを目的として1963年(昭和38年)から毎年開催されています。

◆2017年度第55回大会は11月24日(金)~10月27日(月)の4日間、栃木県のマロニエプラザを主会場として行われます。
技能五輪全国大会 : 中央職業能力開発協会 http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/zenkoku/index.html

参加種目

建築大工職種

競技内容

競技時間12時間で、木造小屋組(桁、梁、束、垂木、振隅木及び小屋筋かい等を含む)の一部を製作します。課題の一部の部材寸法、勾配又は取り付け位置など、「当日公表」とされる課題もあります。作品は、原寸図(展開図)の正確さ、製作した課題の寸法精度および出来栄えで評価されます。

2017年度 競技課題
にしなすの運動公園体育館(栃木県)

2017(平成29)年度 第55回技能五輪全国大会

今回の競技課題は、柱建て四方転びで、左柱は正面側面とも同じ転びとし、右柱は正面と側面の転びが違います。柱の上端に桁組を乗せ真柱より各隅木・平垂木を、正面に棟木を取り付け、破風板および谷木を取り付けた小屋組です。
競技は2日に亘り、制限時間12時間で組み上げます。
選手は、課題が公表された8月以降、放課後の時間を使って課題の展開図および製作の練習に励んで大会当日に臨みました。
今大会の建築大工職種の参加選手は95名でした。本学選手は4名共に競技時間内に課題を組み上げることができ、手島脩兵君(3年生)が昨年に続き2年連続で銀賞を受賞しました。企業所属ではない学生選手の3賞入賞は2年連続です。日々の練習・努力が企業所属の強豪選手達をも超越したスキルを身に付けることができました。
建築大工職種には、2003年度から15大会連続して出場しています。敢闘賞以上の賞を獲得したのは今大会を含めて7大会となりました。また、今大会は昨年・一昨年に続き3年連続入賞となりました。
さて、来年度の戦いに向けて12月から技能検定の練習会がスタートします。この検定は、技能五輪全国大会の埼玉県予選も兼ねていますので、代表を目指す学生は、建築大工2級の図面展開図、課題製作に取り組みます。

菊池将史君
東原大地君
手島脩兵君
柏原一輝君

これまでの実績

出場者

2001年度(H13) -
2002年度(H14) -
2003年度(H15) 星野公亮
2004年度(H16) 高草知泰、根岸正名
2005年度(H17) 出井愼一、郷拓郎、古屋正人
2006年度(H18) 田島宏晃、出井愼一、郷拓郎、谷口征雅、古屋正人(卒業生:建設埼玉所属)
2007年度(H19) 田島宏晃、佐山拓也、上田晃弘、古屋正人(卒業生:建設埼玉所属)
2008年度(H20) 岩嶋啓輔、板橋悠、上田晃弘
2009年度(H21) 鈴木悠介、上田晃弘、橋本紗希
2010年度(H22) 上田晃弘、橋本紗希
2011年度(H23) 小島優、大西裕也
2012年度(H24) 大西裕也、平野俊介
2013年度(H25) 嶋田裕太
2014年度(H26) 嶋田裕太、森脇康太
2015年度(H27) 小松春樹、森脇康太、本多諒平
2016年度(H28) 手島脩兵、森脇康太、本多諒平
2017年度(H29) 菊池将史、東原大地、手島脩兵、柏原一輝

入賞者

2006年度(H18) 敢闘賞:田島宏晃、古屋正人(卒業生:建設埼玉所属)
2007年度(H19) 銅 賞:古屋正人(卒業生:建設埼玉所属)、敢闘賞:田島宏晃
2010年度(H22) 敢闘賞:橋本紗希、上田晃弘
2012年度(H24) 敢闘賞:大西裕也
2015年度(H27) 敢闘賞:本多諒平、森脇康太
2016年度(H28) 金賞:森脇康太、銀賞:手島脩兵、敢闘賞:本多諒平
2017年度(H29) 銀賞:手島脩兵

菊池君(競技中)
東原君(競技中)
手島君(競技中)
柏原君(競技中)

2017年度(練習)スケジュール

練習は課題の公表後、8月中旬~大会直前まで、放課後や週末にものつくり工房で行います。

ページトップへ

ものつくり大学へのお問い合わせ

各種お問い合わせページはこちら

048-564-3200(代表)[受付時間] 月~金曜日 9:00~17:00 〒361-0038  埼玉県行田市前谷333 番地

アクセス

大学ガイド資料請求

ページトップへ