Topへ戻る プロフィール 研究テーマ 担当科目 学会・委員 論文・著書
担当科目
どんなことが学べるか?
[ 建設物理および演習 ]
建設を学ぶ上で必要な知識(単位、熱、密度、力など)を分かり易く、計算問題を交えながら物理の基本を学びます。
[ 構造・材料V ]
建設を行う上で必要不可欠な構造材料である木材、鋼、コンクリートの材料特性の基本を学びます。
[ 構造・材料X ]
鉄筋コンクリート造の簡単なモデルを設定して、実際と同じ手法で構造計算を行い、どんな応力がどんな大きさでどの位置に生じているのか学びます。
[ 仕上材料T ]
左官材料に使用される土、漆喰(しっくい)、石膏、ドロイマイトプラスターの材料特性と耐久性能などについて学びます。
[ 仕上技能工芸および実習 ]
仕上材料Tで学んだ材料を実際に使って、調合、こね、施工性能、下地による技法の使分けなどを実技で学びます。
[ 建設技能基礎\(材料・施工) ]
構造材料である木材、鋼、コンクリートの基本特性である、 密度、強さなどの物理定数を実際に実験で求めてみます。
[ 建設技能基礎]T(湿式仕上) ]
湿式仕上の基本である、セメントモルタルを調合、混練し、下地に塗り、下地と仕上の関係、様々な仕上の技法を学びます。
[ 建設技能基礎]X(コンクリート構造物) ]
鉄筋コンクリート構造物を実際に建設して、基礎工事、型枠工事、鉄筋工事、コンクリート工事の実際を学びます。
ページトップへ戻る
建設技能工芸学科 飛内圭之研究室
ものつくり大学へ 建設技能工芸学科へ