ものつくり大学 INSTITUTE OF TECHNOLOGISTS

メニュー

お知らせ一覧(在学生の方へ)詳細

夏休みを迎えるにあたって―新型コロナウイルス感染拡大への注意事項―

2020.08.11

学生諸君

学長 赤松 明

 もうすぐ第2クォータが終了し、夏休みに入ります。第2クォータの間、皆さんには毎朝の検温や遠隔授業など、三密を避ける取組みに協力していただいたことに心より感謝しています。今年の夏休みは新型コロナウイルスの影響で、8月13日(木)~9月6日(日)と短くなってしまいましたが、授業とは別の充電期間であることには変わりはありません。
 しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大が続いており、首都圏のみならず、全国へと広がっています。このことを踏まえ、皆さんには改めて、「自分が感染しない。家族、友人などに感染させない。特に、高齢者等への感染につながらないよう注意する。」ために、以下のことをしっかり守って有意義に夏休みを過ごして欲しいと思います。

  1. 3つの「密」(密閉、密集、密接)が発生する場所を徹底して避けること。
  2. 多人数での友人等との会食やいわゆる飲み会はしない(参加しない)こと。
  3. サークル旅行などの集団旅行や,課外活動でのイベントや合宿における感染リスクを避けること。
  4. 飲食店等で会食をする場合には、自己適合宣言マーク等の表示に留意すること。
  5. 大声を出す行動(飲食店等で大声で話す、カラオケやイベント、スポ ーツ観戦等で大声を出すなど)を自粛すること。
  6. マスクの着用、手洗い、消毒、換気を徹底すること。
  7. 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA:COVID-19 Contact Confirming Application)のダウンロードや,自治体独自の通知システムの利用登録などにより、安全を守る仕組みにも積極的に取り組むこと。
  8. 帰省先の自治体等が出している新型コロナウイルス感染症拡大防止策などの最新情報を踏まえた行動を心がけ、発熱等の症状がある場合は、帰省は控えること。

 なお、夏休みの後、9月7日(月)~10月6日(火)の間は、夏期集中授業期間として、第1クォータで実施できなかった実習科目(特に、1年生、3年生)を対面授業で行います。その後、10月7日(水)からは、第3クォータが始まります。さらに、10月初めには、春にできなかった健康診断も予定しています。
 夏休みの後のキャンパス生活が円滑に始められるように、学生諸君には、新型コロナウイルスへの対応をしながら暮らしを守る、新しい生活スタイルに取り組んでください。又元気な顔を見せてください。