ものつくり大学 INSTITUTE OF TECHNOLOGISTS

メニュー

学科・研究科

情報メカトロニクス学科

情報メカトロニクス学科

自動運転車、ロボット、ドローンに代表される最先端の製品は情報技術を活用して開発されています。これらの動く仕組みを実現するためには、機械・電気電子を総合 した「メカトロニクス」の知識や技術が重要です。「情報メカトロニクス学科」では、メカトロニクスの基礎となる3DCADによる機械デザイン、機械加工、材料学、電気電 子工学に加えて、「AI・情報」分野に関連するプログラミング技術を習得します。実際の授業では、ハードウエア/ソフトウエアをバランス良く学ぶために、「体験型授業」 を多く取り入れ、教室での講義と組み合わせて理解を深めていきます。実際にモノに触れ、作ることで「情報技術を活用したメカトロニクス」を着実に学ぶことができます。

学びのポイント

基礎的な知識・技術を確実に身につける
1年次から2年次前期までの基礎課程では、機械をつくるための基礎を学びます。技術の元になる機械、電気・電子、情報、データサイエンスなどの基礎的な科学・工学の勉強に加え、基本的な工作機械を使えるようになります。普通科高校出身の学生も安心できる学びです。
学修成果が実感できる教育方法
成績評価には、達成目標の「A評価:目標到達点」と合格基準の「C評価:基準到達点」が示されており、履修科目ごとに学修目標を設定することが容易です。また、各学期には補習・補講時間が設定されており、学修者に寄りそった手厚い教育が行われます。
希望進路を導く「4つの専門コース」と資格取得
長期インターンシップ直後となる2年次後半より、「AI・情報システム」「ロボットシステム」「機械デザイン」「生産システム」から主専攻コースを選択し、1・2年次で身につけた技術と技能を基に、ものづくりに必要な専門技術と技能を学び、実社会に対応できる専門知識の修得に励みます。一方、技能検定講習など積極的に資格取得のサポートも行っています。
「人」についての学び
「人間工学」「感性工学」などの授業も設置されており「もの」そのものだけでなく、ものを使う側、操る側、作る側である「人」についても学ぶことで、人と調和した機械を作るための考え方を身につけます。
実習・体験型の学び
授業の約6割が実習・演習です。さまざまな実習で実際にモノをつくってみることで、知識と実体験が融合され、その知識は何倍にも濃密で身につくものに変わります。
自分を知り、社会を知る、長期インターンシップ
2年次では他大学で見られない40日間の長期インターンシップを行います。プロの仕事と社会や企業の仕組みを目の当たりにして、自分の弱点や長所を知ることは、以後の大学生活や進路選択に役立ちます。
「テクノロジスト」になるための学び
ものづくりのリーダーとなるためには、困難を解決するためのマネジメント力やグローバル化に対応できるコミュニケーション力なども必要となってきます。このため、アカデミックスキルとなる「メディアリテラシー」「データサイエンス」「外国語」、さらには「社会人基礎力」などの教養教育を学び、社会性や倫理性を身につけていきます。
学生プロジェクトでものづくりを実践
学生フォーミュラやNHK学生ロボコン、宇宙開発研究プロジェクトなど学生の自主的活動を積極的に支援しています。 各プロジェクトは学びの理解を深め、身につけた技術の実践の場となっています。

モデルコース

4つの履修モデルコースがあります。ものづくりの基礎を学んだ後、より具体的なテーマに沿って勉強を進めるためのコースです。他のコースの科目も履修できますので、選んだコースを核にして学ぶ内容を自由に組み立てることができます。

カリキュラム・時間割

カリキュラム

授業の目標と成果がわかりやすいように、1年間を4つに分割したクォータ制を採用しています。2年次後半からは4つのコースから自分の適正や希望に合った科目を選択できます。

時間割

時間割

左は1年生第1クオータの時間割例です。全学年の最新時間割は以下に掲載しています。

詳しくはこちら

総合機械学科の学生へのご案内

総合機械学科の学生はこちらをご覧ください。(2021年度までの入学者)

教員紹介

情報メカトロニクス学科の教育・研究を担う教員を紹介します。

学生プロジェクト

学生フォーミュラやロボコンなど楽しみながらものづくりの力をつける課外活動が盛んです。

詳しくはこちら

教育設備

他に類をみない実践的教育を支える最新鋭教育設備を紹介します。

詳しくはこちら

内定者の声・卒業生の活躍

本学の卒業生の活躍をご覧ください。

卒業生の進路

本学の卒業生の進路実績です。

詳しくはこちら

インターンシップ

40日間という長期間のインターンシップを実施しています。

資格

卒業(または在学)時に取得あるいは受験資格を得られる主な資格

資格名取得、受験条件
技術士補 技術士第一次試験受験資格 合格者は技術士補に登録可
計算力学技術者
(CAE技術者)
所定の授業(CAE基礎および演習、CAE応用および演習)を履修し、単位を修得した者が申請することで修了証交付

実務経験を重ねることによって受験資格が得られる主な資格

資格名取得、受験条件
技術士 技術士補または第一次試験合格後、4年の実務経験で第二次試験の受験資格
合格者は技術士に登録

本学のカリキュラムを履修することで受験に有利となる主な資格

資格名取得、受験条件
基本情報技術者 2~3年次で受験準備 ものづくりの現場でのIT化に貢献する資格
玉掛け技能
小型移動式クレーン運転技能
フォークリフト運転技能等
学内掲示により、指定期間に短期講習申込・受講(費用別途)
3級技能検定もしくは
2級技能検定
(機械検査、機械加工、機械保全、
機械プラント製図、ウェブデザイン、工場板金、プラスチック成形、知的財産管理等)
所定の授業を受講することで合格のための実力をつける
半自動溶接技能者
評価試験
所定の授業を受講することで合格のための実力をつける
工場板金技能士2級
(曲げ板金、打出し板金、
機械板金作業、NCT板金作業)
所定の授業を受講することで合格のための実力をつける

ほか

  • 機械・電気・電子系
     機械設計技術者、非破壊試験技能者、電気主任技術者、電気通信主任技術者、時計修理技能士、工事担任者、電気工事士、2級電気工事施工管理技士、1級電気工事施工管理技士、危険物取扱者、技術士・技術士補、消防設備士、エネルギー管理士(熱管理士・電気管理士)、溶接管理技術者、溶接技能者
  • IT技術
     ITパスポート試験(IP)、情報セキュリティマネジメント試験(SG)、基本情報技術者試験(FE)、応用情報技術者試験(AP)、ITストラテジスト試験(ST)、システムアーキテクト試験(SA)、プロジェクトマネージャ試験(PM)、ネットワークスペシャリスト試験(NW)、データベーススぺシャリスト試験(DB)、エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)、情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)、ITサービスマネージャ試験(SM)、システム監査技術者試験(AU)、情報処理安全確保支援士試験、CAD利用技術者試験(二次元、三次元)、CAD利用技術者試験、CADトレース技能審査、建築CAD検定、アドビ認定エキスパート(ACE)、アドビ認定アソシエイト、XMLマスター、オラクルマスター(Bronze/Gold/Platinum/Silver)、C言語プログラミング能力認定試験、CGエンジニア検定、シスコ技術者認定(CCDA/CCDB/CCIE/CCNAなど)、Sun Java認定資格、オラクル認定Javaプログラマー、情報処理技術者能力認定試験、IT活用能力検定試験(全経)、ディジタル技術検定、DTPエキスパート、インターネット検定(.com Master)、VisualBasic(R)プログラミング能力検定、マルチメディア検定、Linux技術者認定試験(LPIC)、Linux技術者認定試験 LinuC(リナック)、Webクリエイター能力認定試験、Webプログラミング能力認定、Webデザイン実務士、Java(TM)プログラミング能力認定検定、Flashクリエイター能力認定試験、シスアド技術者能力認定試験、情報処理士、上級情報処理士、ディープラーニング G検定(ジェネラリスト)、Python 3 エンジニア認定基礎試験
  • 情報処理
     インターネット検定(.com Maser)、Accessビジネスデータベース技能認定、インターネットユーザ能力認定、情報処理技術検定、マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー(MOT)、マイクロソフト・オフィススペシャリスト(MOS)、マイクロソフト・オフィスエキスパート、マイクロソフト認定アソシエイト(MCA)、マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)、マイクロソフト認定アプリケーションスペシャリスト(MCAS)、マイクロソフト認定トレーナー(MCT)、ITコーディネータ、個人情報保護士認定試験、コンピュータサービス技能評価試験、P検―パソコン検定、日商PC検定
  • その他
     3Dプリンター活用技術検定、プロダクトデザイン検定、情報検定(J検)、Excel(R)表計算処理技能認定、Word文書処理技能認定

修学上の情報

履修や成績、情報ネットワークに関することなどを掲載しています。

3つのポリシー

「ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)」「カリキュラム・ポリシー(教育課程の内容・方法の方針)」「アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)」について掲載しています。

ページトップへ

お問い合わせ・資料請求

TOP