ものつくり大学 INSTITUTE OF TECHNOLOGISTS

メニュー

大学案内

総合機械(製造)学科 教員一覧

平岡 尚文 教授・教務長・博士(工学)  研究室ホームページへ
主要経歴 京都大学修士修了、(株)東芝
資格:有機溶剤作業主任者、玉掛け作業者
[研究実績・業績]
●金属の油中過大摩耗現象の解明と対策
●転がり軸受のグリース漏れ原因解明
●滑り軸受の摩擦低減
●二硫化モリブデン被膜の最適使用法
●DLCと樹脂系材料の摩擦評価
担当科目 トライボロジー、搬送装置制作評価、数学、熱力学
メッセージ トライボロジーとは摩擦・摩耗・潤滑に関する技術学問体系のことです。ほとんどの機械はこの技術がないと動きません。ものづくりの基盤技術であると同時に、ナノテクやバイオに向けて新技術の開発も盛んです。トライボロジーを駆使してものづくりが行える優秀な技術者を育ててゆきたいと考えています。

佐久田 茂 教授・学科長・博士(工学)  研究室ホームページへ
主要経歴 東京大学修士修了、株式会社東芝
[研究実績・業績]
●超精密加工機の開発
●DVD原盤露光装置の開発
●粗微動位置制御に関する研究
●半導体精密研磨安定化に関する研究
●医用機器向け精密部品の開発
担当科目 材料力学、数学、物理、工学基礎 他
メッセージ 生産技術部門で精密機械設計、加工開発、企画業務に従事してきました。製品毎の特性を踏まえてトータルでものづくりがどうあるべきか、海外進出も含め、製造現場の課題は山積です。今後の課題解決には何が必要なのか、教育・研究を通して学生諸君と一緒に悩み、成長していけたらと思っています。

小塚 高史 教授・学長補佐(産学連携担当)・ものつくり研究情報センター長  研究室ホームページへ
主要経歴 北見工業大学卒業(学士)、トヨタ自動車株式会社
[研究実績・業績]
●自動車用部品製造工程の改善
 ①リードタイム短縮
 ②不良削減
 ③物流改善他
●多種・少量生産対応ライン企画
●自動車部品生産工程計画
担当科目 ものつくりマネジメント、生産管理、トヨタ生産方式
メッセージ ものつくりの現場や企業経営の最前線では常に様々な問題を抱えており、問題を明らかにし、そして見える様にしながら1つ1つ改善し、管理水準をレベルアップする、そのサイクルを回すことがとても重要です。そのための考え方や仕組みづくりを共に学んでゆきましょう。諸君らが将来ものつくりの第一線で自ら考え、行動し、活躍する姿を楽しみにしています、共に頑張りましょう。

VICHAI SAECHOUT 教授・学長補佐(将来計画担当)・工学博士  研究室ホームページへ
主要経歴 東京工業大学博士修了、(株)東芝、東京工業大学
[研究実績・業績]
●SRモータセンサレス制御
●フレキシブルシャフトを用いたロボットの機構および制御
●ウェアラブルデバイスに関する研究開発
●球体型ロボット
担当科目 電気工学概論、組込みシステム、パワーエレクトロニクス、制御技術、電気機器 他
メッセージ 科学技術のブレークスルーが相次ぐ起こってる現状では、SF映画に出てくるような未来社会の到来が予感されます。我々のライブスタイルがより快適に大きく変わるでしょう。学生諸君にとって、専門知識を持って未来の社会に貢献できる大きなチャンスでもあります。学生諸君に4年間の時間を有効に使って、好きな学問を楽しく学ぶ大学生生活を送っていただきたいです。

荒木 邦成 教授・教学マネジメント室副室長・博士(工学)
主要経歴 東京理科大学卒業、㈱日立製作所、日立アプライアンス㈱、富山県立大学博士課程後期修了
[研究実績・業績]
●高性能真空断熱材の開発
●冷蔵庫用硬質ウレタンフォーム開発に関する研究
●IoT家電の開発
●IoT活用生産システムの開発
担当科目 信頼性工学、生産プロセス設計、ものづくり技術、工学基礎及び実験他
メッセージ 家電製品の開発・設計から生産技術に従事し、真空断熱材やIoTを活用した製品及び生産プロセスの開発に取組んできました。「ものつくり」は、現場力を研ぎ澄ますことが重要ですが、今後はさらに情報技術を上手く取入れて発展させる必要があります。社会に出てものづくりの最前線で活躍できるテクノロジストを育成して行く所存です。一緒に学んで頑張りましょう。

香村 誠 教授・博士(工学)  研究室ホームページへ
主要経歴 慶應義塾大学博士課程中退,三機工業株式会社,東京海洋大学非常勤講師,明治大学兼任講師
[研究実績・業績]
●コーティング流れに関する研究
●工業用クリーンルームの省エネに関する研究
●フリークーリングに関する研究
●マイクロバブルに関する研究
●アルミニウムラジエターNB炉の酸素濃度低減に関する研究
●日陰を用いた熱負荷取得低減に関する研究
担当科目 流体力学Ⅰ・Ⅱ,数値流体力学,伝熱工学,工業数学A~D, 機械力学および実験,CAE基礎および演習
メッセージ 知識や理屈を現実の問題に適用するには、その周辺についての周到な理解が必要です。本で読んで知っている程度ではエンジニアは務まりません。まず実現象をよく見て理解し、問題解決や新たな発見のためには何が必要なのか目的意識を持って考えて下さい。そして必要な道具 -加工技術であれ数学であれ- を実際に使ってみながら、徐々に揃えていって欲しいと思います。

菅谷 諭 教授・博士(工学)  研究室ホームページへ
主要経歴 東北大学修士修了、NEC、アリゾナ大学オプティカルサイエンスセンター、静岡理工科大学
[研究実績・業績]
●流動床インタフェースに関する研究
●靴型電子楽器「オトクツ」とその楽譜
●噴霧機構搭載三角コーン「ミストコーン」
●光通信用アイソレータ・サーキュレータ
●高速大容量光ディスク・磁気ディスク
●ドーム型超大画面ディスプレイ
●太陽光・水力・風力ハイブリッド発電
担当科目 コンピュータの仕組、情報機器入門、工学基礎実験、C言語入門、数学 他
メッセージ 光エレクトロニクスを基盤技術として、高機能化/高性能化をはかった次世代情報機器の研究を行ってきました。皆さんが壁にぶつかっても、工夫して乗り越えていくことができるようにサポート致しますので、自分の力で、社会に役立つものをつくり上げる達成感を味わえるように、一緒に勉強していきましょう。

武雄 靖 教授・博士(工学)・技術経営修士(専門職)  研究室ホームページへ
主要経歴 東京農工大学博士修了、東北職業能力開発大学校講師、千葉職業能力開発短期大学校成田校准教授、関東職業能力開発大学校准教授
資格:特級機械加工技能士、一級機械保全技能士、職業訓練指導員(機械科)
[研究実績・業績]
●外側マイクロメーターの測定力一定化の教育実践に関する研究
●普通旋盤加工の送り停止時における工具摩耗と加工面うねりにおよぼす作業者の技能習熟度の影響に関する研究
●技能伝承のためのマイクロメーターによる寸法測定作業中の注視点移動に関する実験的検討
担当科目 機械工作および実習、応用機械工作実習、工作機械、フレッシュマンゼミ、創造プロジェクト
メッセージ 中小自動車部品メーカーでの生産技術業務に従事した後、職業能力開発大学校で機械加工を中心に実践的な教育訓練を行なってきました。
現代の機械加工は、工作機械のコンピュータ化により、高度で高精度な加工が、簡単にできるようになったと言われています。一方で、高性能な工作機械を、効果的、効率的に扱うには、熟練した技能が不可欠であることが知られています。
本学総合機械学科では、「技能のわかる技術者」を育成しています。実際のものづくりを通して、技能とは何かを探求し、最新の加工技術に対応できる技術者を育成していく所存です。

土井 香乙里 講師・修士(文学)  研究室ホームページへ
主要経歴 早稲田大学大学院教育学研究科博士後期課程、早稲田大学人間科学学術院人間情報科学科助手、早稲田大学人間科学学術院人間総合研究センター客員講師、 東京電機大学理工学部インストラクター
資格:高等学校教諭 専修免許状(英語)
[研究実績・業績]
● An analysis of Conversation repair by basic level non-native-speakers of English: From the perspective of grammar in interactions and second language acquisition. LSNZ 2019 Conference. Abstract 67 (2019年)
● Repairs in Japanese English learners’ communication: from the perspective of clarification and multimodality. The Bulletin of Institute of Technologists. No. 9 (2019年)
● Repairs in conversation by learners of Japanese: from the perspective of clarification and multimodality. 16th International Pragmatics Conference. Abstracts 508. (2019年)
担当科目 英語基礎、英語応用、技術英語I, II、実用英語
メッセージ 「ことば」を「文化的価値観・社会・人間の認知」の視点から包括的に考える立場で、英語と日本語を比較する研究をしてきました。研究で明らかになったことを英語教育に役立てたいと思っています。 学生の皆さんも、将来企業等で働く際、専門の技能・知識以外に英語をツールとして使用できると可能性が広がります。 授業では、語学的な習得だけではなく、異文化を知り、英語でコミュニケーションができる楽しさを知ってほしいと思います。

永井 孝 准教授・博士(工学)
主要経歴 職業能力開発大学校造形工学科卒、信州大学大学院博士課程単位取得後退学、オーセブン株式会社、日本外国語専門学校、株式会社CMSコミュニケーションズ
資格:職業訓練指導員(デザイン科、広告美術科、塗装科、インテリア科、木材工芸科、木工科)
[研究実績・業績]
造園・エクステリアCADの開発、ドローイング学習支援システムの研究・開発、MOOCシステムの開発 他
担当科目 創造プロジェクト、機械システムとメカニズム 他
メッセージ IT技術を活用して、ものづくりをしている人、これからしたい人をサポートするためのシステム作りに従事してきました。芸術やスポーツなどのスキルを獲得するための学習支援システムの研究・開発をしています。皆さんと共に、ものづくりについて、学び・教え会うことができることを楽しみにしています。

西 直美 教授・工学博士  研究室ホームページへ
主要経歴 東海大学大学院博士課程修了、リョービ株式会社、一般社団法人日本ダイカスト協会、九州工業大学非常勤講師、日本大学理工学部非常勤講師
資格:一級ダイカスト技能士(コールドチャンバー、ホットチャンバー)
[研究実績・業績]
●ダイカスト用新合金の開発
●ダイカストの異常組織に関する研究
●ダイカストの鋳造圧力波形解析に関する研究
●アルミニウム合金の流動性に関する研究
●ダイカスト金型の冷却管の冷却能力に関する研究
担当科目 工業材料、鋳造および実習、材料評価および実験 鋳造基礎実習 品質管理 他
メッセージ 溶融金属を型に注入して製品を得る鋳造プロセスおよびその材料の研究開発を行っています。中でも高速・高圧で精密な金型に溶融金属を射出・充填するダイカストに関して主に取り組んでいます。鋳造プロセスは、古くからある加工技術ですが今日のものづくりの基盤技術としてなくてはならない重要な位置づけにあり、今なお進化し続けています。本学は、ものづくりにおける技術と技能を基礎から修得できる特色ある大学です。明日のものづくりに向けて学生諸君とともに発展していきたいと思います。頑張りましょう。

原 薫 教授  研究室ホームページへ
主要経歴 職業訓練大学校卒(学士)、東京職業能力開発短期大学校、ものつくり大学設立準備財団、東京都立航空工業高等専門学校非常勤講師
資格:職業訓練指導員免許
[研究実績・業績]
●中空角材の可変断面押出し
●カーボンナノファイバー含有樹脂の配向制御押出し
●アルミニウム/CNF複合材料の押出し成形
●圧縮天然ガスを燃料とする内燃機関の技術開発に関する研究
担当科目 基礎数学、基礎物理、伝熱工学応用実験、CAD演習(基礎・応用)、熱力学演習
メッセージ 能力開発短期大学校で14年間にわたり自動車とエンジンの教育・研究に携わりながら、「実」と「学」を融合・一体化させた教育を実践してきました。現実体験を重んじるものつくり大学のカリキュラムは、テクノロジストに必要な「嗅覚」を養うのに大いに役立ちます。

平井 聖児 教授・博士(工学)  研究室ホームページへ
主要経歴 東京都立大学修士修了、(株)ニコン生産技術本部、東京都立工業高等専門学校助教授
[研究実績・業績]
●マイクロバブル装置の開発
●環境対応洗浄技術の開発
●溶接残留法力提言に関する研究
●ナノバブルの発生方法の検討
●半導体の洗浄技術開発
担当科目 基礎数学、機械システムとメカニズム、フレッシュマンゼミ
メッセージ IT産業を支えているシリコン半導体部品などのマイクロマシーニングについて、その加工メカニズムの解明およびモデル化、そして実用的なマイクロ加工機の開発を行ってきました。次世代のマイクロ加工機によるスモールサイズ生産ラインの実現を目指していきたいと考えています。学生諸君と共に悩み、行動し、「ものつくり」の醍醐味に触れていきたいと思います。

堀内 勉 教授・博士(理学)  研究室ホームページへ
主要経歴 早稲田大学修士修了、日本電信電話株式会社
資格:高圧ガス製造保安責任者 丙種化学(特別)
[研究実績・業績]
●半導体微細加工技術を応用した有機/バイオ素子作製
●VOC検出装置の製作
●高感度電気化学分析技術の研究
●表面プラズモン共鳴センサの開発
●マイクロ流体デバイスの研究
●パッシブポンプ内蔵型マイクロ流体チップの開発
担当科目 材料力学、材料強度ほか
メッセージ 化学センサやバイオセンサの研究をしてきました。センサは情報の入り口です。これからは地球環境や生体を構成する物質がすべて貴重な情報となります。物質に応じて最適なセンシングの方法を考えなければなりません。役立つセンサに仕上げるためには、材料から経済にわたる広範囲なものづくりの知識や経験が必要です。何をどうやってセンシングすれば社会に貢献できるのか、未来の世界を担う学生諸君が自ら学び、考え、行動していくことを期待します。

牧山 高大 講師・博士(工学)
主要経歴 電気通信大学博士修了、(株)日立製作所
[研究実績・業績]
●円管の変肉厚押出しに関する研究
●補強一体構造リブ成形技術の開発
●チューブスピニング技術の開発
●プレス金型形状最適化に関する研究
●逐次ねじり鍛造に関する研究
担当科目 材料力学、板金実習
メッセージ 板金加工や鍛造加工などの塑性加工技術に関する研究開発に従事してきました。本学総合機械学科では、タレットパンチプレスや複動油圧プレスなど数多くの塑性加工設備を保有しており、アイデアを自分の手で形にする環境が整っています。アイデア実現に向けた試行錯誤を通して、次世代のものつくり技術をつくっていきましょう。

町田 由徳(准教授)
主要経歴 東京造形大学卒業(学士)、 tripod design(株)、 岡崎女子短期大学准教授
資格:中学校1種(美術)、 高等学校1種(美術・工芸)教員免許状
[研究実績・業績]
●ユニバーサル・デザインの思想に基づいた製品デザインの研究
●子どもにとっての安全性を考慮した製品、空間デザインの研究
●中小企業、自治体のためのブランディングデザインの研究
●デザイン活動を通じた地域活性化の研究
●3D CADを活用した色彩教育の研究
担当科目 機械製図および実習I/II、 3次元CAD実習I/II 他
メッセージ 性別、年齢、障がいの有無など、身体的特徴を問わない「あらゆる使い手を考慮したデザイン」をコンセプトに製品デザインの研究を行なってきました。また中小企業や自治体などと協働し、デザインを通じた地域活性化の活動にも取り組んでいます。
機能や美しさの要素をバランスさせながら、製品の企画・試作から、売り方・使い方・捨て方まで、総合的にものつくりを構想することが「デザイン」の役割です。作り手にとっても、使い手にとっても利益をもたらすデザインを、ものつくり大学の充実した設備を活用して一緒に追求しましょう。

松本 宏行 教授・博士(工学)  研究室ホームページへ
主要経歴 工学院大学博士修了、東京農工大学特別研究員、東京農工大学・工学院大学非常勤講師
[研究実績・業績]
●攪拌装置における危険速度予測
●運搬装置の設計解析
●「振り込め詐欺」被害防止ソフトウエア
担当科目 CAD設計製図、数値解析演習、数値計算、機械力学、CAD演習(基礎・応用) 他
メッセージ 「ものデザイン研究室」は、「もの」の「デザイン」について、考え、試作し、評価を実践的に行う研究室です。 他にも、「人工筋アクチュエータ」を用いた柔らかい機械・ソフトロボティクスに関する研究やバイスペクトル、トライスペクトルなどの高次スペクトル解析、そして、付加製造技術である3Dプリンタを用いた設計、解析、ものづくりにも取り組んでいます。 皆さんと一緒に「新しいものづくり」に取り組めることを楽しみにしています。

三井 実 准教授・博士(情報科学)  研究室ホームページへ
主要経歴 職業能力開発大学校電子工学科卒業、北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士前期課程修了、石川職業能力開発短期大学校 情報技術科部外講師、北陸先端科学技術大学院大学博士(情報科学)取得、北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科研究員
資格:職業訓練指導員(電気科、電気工事科、電子科、メカトロニクス科、コンピュータ制御科、情報処理科)
[研究実績・業績]
●空気覚メディアの基礎研究(2017~2019年度、科研費基盤C採択課題)
●新感覚の萌芽~空気覚の開発と応用~(2014~2016年度、科研費萌芽研究採択課題)
●地中熱ヒートポンプシステムの地域面的利用に関する研究(2014年度~2016年度、埼玉県産業振興公社・次世代産業プロジェクト採択課題)
●汎用マイコンを用いた学生フォーミュラ用エンジンコントロールユニットの研究開発(自動車技術会、2015)
●メカ・コバトンの製作(埼玉県道路公社、2015)
●楽器フェア2012への出展(ヨーヨー型電子楽器、チェロ型電子楽器など)
担当科目 基礎電気工学および実習2、ディジタル回路および実習、アナログ回路および実習、メカトロニクスおよび実習、基礎数学全般
メッセージ ものつくり大学・総合機械学科は、何かを発想したらすぐに形にできる環境(設計環境、工作機械、ディジタルファブリケーション、電子工作環境および測定器)が揃っています。さらにそれらを思ったらすぐに利用できるところが最大の推しどころです。講義体系や卒業研究、学生プロジェクトに参加することなどで、発想・企画・設計・加工・組立・評価と、ものづくりに必要なプロセスの全てを学び体得できます。ぜひ一緒にものづくりを楽しみましょう。

総合機械(製造)学科 客員教授

特別客員教授 新井 信昭
特別客員教授 井坂 康志
特別客員教授 市川 茂樹
特別客員教授 櫻井 大八郎
特別客員教授 鈴木 克美
特別客員教授 高橋 正明
特別客員教授 林 正
特別客員教授 細田 保弘
特別客員教授 龍前 三郎
客員教授 海老澤 洋子
客員教授 的場 やすし

お問い合わせ・資料請求