ものつくり大学 INSTITUTE OF TECHNOLOGISTS

メニュー

お知らせ一覧(総合)詳細

ものつくりデザイナーズプロジェクトが、鴻巣市から感謝状を贈呈されました!

2022.03.30

学生プロジェクト「ものつくりデザイナーズプロジェクト(MDP)」の学生と、鴻巣高校、鴻巣女子高校の美術部で制作した、鴻巣駅自由通路におけるフラワーデザインアートの取り組みで、鴻巣市長より感謝状が贈呈されました。

この取り組みは、鴻巣市、鴻巣市観光協会からの依頼を受けて、学生プロジェクトMDPメンバー11名(リーダー:山田 開渡 総合機械学科3年生、顧問:松本 宏行教授)が鴻巣高等学校、鴻巣女子高等学校の美術部生徒の皆さんと協力し、市内活性化事業としてフラワーデザインアートを鴻巣駅自由通路に施したものです。MDPはデジタル化、背景制作、レイアウト構成などを担当し、2022年1月に完成・設置されました。自由通路の両側壁面や窓に四季の変化に応じて、鴻巣市にゆかりのあるコウノトリや季節の花などをデザインしています。

今回の取り組みが、鴻巣市の掲げる「花と緑の都市宣言」に関連する事業に貢献したとして、3月25日(金)に鴻巣市から感謝状が贈呈されました。その後、原口和久鴻巣市長と懇談し、顧問の松本教授は、「今回、鴻巣高校、鴻巣女子高校の皆さんの力作を大学でデジタル化し、大きな看板を作ることへの責任感を感じながらメンバーで制作いたしました。立派に飾っていただいたことはとても光栄でした。」、リーダーの山田さんは、「フラワーデザインアートは、MDPでは今までにあまり経験のない取り組みであり、チームで知恵を出し合いながら完成させることができました。」とコメントしました。