ものつくり大学 INSTITUTE OF TECHNOLOGISTS

メニュー

お知らせ一覧(総合)詳細

日本コンクリート工学会「暑中コンクリートの品質確保」講習会を開催しました

2019.09.12

9月9日、公益社団法人日本コンクリート工学会関東支部埼玉地区講習会「暑中コンクリートの品質確保」を開催しました。
建設学科の澤本教授、大塚教授が取りまとめ役となり毎年開催されているもので、今回は台風により交通機関が乱れている中、約150名にご参加いただきました。

<講習会内容>
近年の夏期における気温上昇により、荷卸し時35℃以下のコンクリートを製造・施工することが困難になってきている。そこで、学会等において暑中コンクリートに関する指針や工事対策マニュアルの改訂がなされ、暑中コンクリートの品質確保につとめている。特に熊谷市では2018年7月23日に全国最高気温となる41.1℃を記録するなど、埼玉県は猛暑の県として知られており、暑中コンクリートの品質確保には注意が必要になる。また、今回の講習会に合せて、埼玉県内における産官学協同の橋梁のメンテナンスに関する取組みも紹介する。