ものつくり大学 INSTITUTE OF TECHNOLOGISTS

メニュー

お知らせ一覧(総合)詳細

「高校生ものづくりコンテスト(旋盤作業部門)埼玉県大会」が開催されました

2021.06.09

旋盤加工の技術を競う、第17回 高校生ものづくりコンテスト(旋盤作業部門)埼玉県大会が、6月5日(土) ものつくり大学にて開催されました。

旋盤とは、機械加工の中で最も多く使用されている工作機械のひとつで、私たちの日常生活で目にすることは少ないですが、身近にあるほとんどの製品に旋盤で加工された部品が使用されています。

その旋盤加工の技術を競う県大会に、今年度は県内工業高校4校、9名の代表選手が参加し、技術・技能を競いました。

作業の内容は一般的な旋削加工だけなく、ねじ切り加工やテーパー加工など比較的高度なものも含まれています。選手たちには、0.01mm以下の寸法誤差も見逃せない正確さが要求され、緊張が続く中、競技は約2時間を要しました。

閉会式では本大会の審査委員長である総合機械学科 武雄教授から挨拶がありました。「この大変な中、なかなか思うように練習ができなかったと想像しています。しかし、皆さんの作業中の姿や出来上がった作品を拝見し、その素晴らしさに感動しました。この経験は、これからの技術者としての人生に、大いに役立つと思います。」

優勝した選手は、秋に開催予定の関東大会に県代表として出場します。
(関東大会も、ものつくり大学にて開催されます)

関東大会でも健闘をお祈りいたします!

<大会結果>

  • 優勝   埼玉県立熊谷工業高等学校  栗原 琉真 さん
  • 準優勝  埼玉県立川越工業高等学校  藤倉 翼 さん
  • 3位   埼玉県立熊谷工業高等学校  三ツ木 聖悟 さん