ものつくり大学 INSTITUTE OF TECHNOLOGISTS

メニュー

研究・産学官連携

研究活動上の不正行為防止への取組み等

学校法人ものつくり大学(以下「本法人」といいます。)では、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日文部科学大臣決定)」等に基づき、本法人における研究活動上の不正行為への対応等に関する体制を整備し、これらの不正行為を未然防止するための取組みを推進するため、次に掲げる規程等を制定し、運用しています。

学校法人ものつくり大学における研究者等の行動規範 pdf(PDF 285KB)
学校法人ものつくり大学における研究活動上の不正行為防止に関する基本方針及び防止計画 pdf(PDF 189KB)
学校法人ものつくり大学における研究活動上の不正行為の防止等に関する規程 pdf(PDF 132KB)
参考・研究活動上の不正行為防止等に対する体制 pdf(PDF 81KB)

研究活動上の不正行為に関する告発・相談窓口

本法人では「学校法人ものつくり大学における研究活動上の不正行為の防止等に関する規程」に基づき、研究活動上の不正行為に関する告発及び相談を受け付ける窓口として、2016年4月1日付けで「告発・相談窓口」を設置しました。研究活動上の不正行為に関する告発や相談に当たっては、下記の事項を確認の上、御利用ください。

対象となる研究者

・本法人の役員、職員及びものつくり大学の学生あるいは本法人の施設・設備を利用して研究に携わる全ての者。

対象とする不正行為

・投稿論文等発表された研究成果の中に示されたデータや調査結果等の捏造、改ざん又は盗用。
・研究活動上の不適切な行為であって、研究者の行動規範及び社会通念に照らして、研究倫理からの逸脱が甚だしいもの。

告発・相談窓口

場所〒361-0038  埼玉県行田市前谷333番地
担当学校法人ものつくり大学  総務課
TEL048-564-3800
FAX048-564-3507
電子メールkenkyuhusei@iot.ac.jp

告発の取扱い

告発は、原則として自らの氏名を明らかにした上で、研究活動上の不正行為を行ったとする研究者又は研究グループ等の氏名又は名称、研究活動上の不正行為の態様その他事案が明示され、かつ、不正とする科学的な合理性のある理由が示されていなければなりません。なお、調査に当たり通報者に協力を求めることがあります。

留意事項

悪意に基づく通報であったことが判明した場合には、告発者の氏名の公表、懲戒処分、刑事告発等、必要な措置が行われることがあります。 また、告発者からの通報内容及び個人情報は厳密に管理いたします。

人を対象とする研究倫理の確保

本法人では、大学が実施する人を対象とする研究において、個人情報のほか、個人の行動、環境、心身等に関する情報、データ等を収集、採取する場合の留意について、次に掲げる規程等を整備し、運用しています。

学校法人ものつくり大学人を対象とする研究倫理規程 pdf(PDF 96KB)

学校法人ものつくり大学人を対象とする研究に関する倫理審査委員会規程 pdf(PDF 84KB)

安全保障貿易管理

本法人では、外国為替及び外国貿易法(外為法)に従い、特定の技術の提供や貨物の輸出を行おうとする場合について、次に掲げる規程等を整備し、運用しています。

学校法人ものつくり大学安全保障輸出管理規程 pdf(PDF 115KB)

お問い合わせ・資料請求