ものつくり大学 INSTITUTE OF TECHNOLOGISTS

メニュー

大学案内

設立趣旨・理念・ポリシー

設立趣旨 基本理念 3つのポリシー

ものつくり大学の設立趣旨

ものつくり大学は、基本的技能と「ものつくり魂」を基盤に据え、そこに科学・技術の知識とマネジメント能力を加え、新時代を切り拓く感性と倫理観を備えた人材の育成を目指しています。ここでは実学を重視し、従来のように理論から入るのではなく、まず現実にものに接し、ものの命を体感、体得し、そこから問題を発見し、自らその解決方法を見出し、自ら企画して製作するというプロセスを大切にしています。そのため、従来の理工科系大学とは全く発想を変え、多くの実習の科目と長期間のインターンシップがあります。学生諸君には厳しい研鑚・努力が求められますが、きっと将来、大きな意味をもつと思います。 このようにして、「ものつくり」を通して、自己実現できるパイオニアを育成する。それが、ものつくり大学です。

  • わが国の繁栄はものづくりを基盤とした産業の発展にかかっています。そのためには、これからの21世紀を担う若者が、情熱と理想を持ってものづくりに取り組める教育環境をさらに整備拡大していく必要があります。
  • 技能と科学・技術・経済・芸術・環境とを連結する教育・研究の重視
  • 「ものつくり大学」は、ものづくりの「技」と「心」をあわせもつ有為な人材を育成して、ものづくり産業の発展を目指す主旨から、国や産業界の支援を受けて設立されます。「モノ」と「ヒト」の両方の意味を「もの」という言葉にこめ、「ものづくりはひとづくりである」という建学の精神に基づき、「ものつくり大学」と命名しました。
  • 従来の理工系大学は実技よりも学理の追究に重きを置く風潮がありましたが、本大学では「ものつくり」の原点に立ち戻り、科学技術創造立国を支えるバランスのとれた実技・実務教育を実践してまいります。21世紀には、広範な視点を総合した高度な技能を修得することが不可欠となっていきます。本学では従来の技能と区別して「技能工芸」と称する理念を新たに掲げ、学部名にも取り入れ、新しい学問分野として育てていきます。技能性、科学性、技術性および経済性、ひいては芸術性、環境性を兼ね備えたものづくりを標榜してまいります。
  • 本大学では、このような高度の技能技術を追究する専門職業人を「テクノロジスト」と呼びならわし、テクノロジストの育成を通して、新しい価値観を創造するものづくりと産業の進展に貢献していきます。同時に、わが国ばかりではなく世界に視野を広げ、人類・社会の繁栄に寄与できる独創的な技能・科学・技術の発展を目指してまいります。

基本理念

  1. ものづくりに直結する実技・実務教育の重視
  2. 技能と科学・技術・経済・芸術・環境とを連結する教育・研究の重視
  3. 時代と社会からの要請に適合する教育・研究の重視
  4. 自発性・独創性・協調性をもった人間性豊かな教育の重視
  5. ものづくり現場での統率力や起業力を養うマネジメント教育の重視
  6. 技能・科学技術・社会経済のグローバル化に対応できる国際性の重視

3つのポリシー

技能工芸学部

【ディプロマ・ポリシー】 (学位授与の方針)
所定の期間在学し、本学の教育理念・教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数を修得することが学位授与の要件である。
【カリキュラム・ポリシー】 (教育課程の内容・方法の方針)
ものづくりに直結する実技・実務教育を重視するとともに、高度の専門能力と創造性ならびに豊かな教養と高い倫理性を兼ね備えた人材を育成するカリキュラム編成とする。
【アドミッション・ポリシー】(入学者受入れ方針)受験案内はこちら

ものつくり大学は、大学の基本理念に則り、高度なものづくりに対応できる専門的知識および技能技術を併せ持った「テクノロジスト」を育成します。 科学技術創造立国を支えるテクノロジストを目指して、専門的知識および技能技術の習得に真摯に向き合うとともに、ものづくりへの情熱と誇りを持ち、自身の資質や多様な能力を向上させようとする強い意欲を持つ者の入学を期待しています。

求める学生像

  1. 本学で学ぶ強い意思を持ち、積極的にものづくりに取り組める者
  2. 仲間と協力し、チームで課題に取り組める者
  3. 知識や技能技術の習得に真摯に向き合い、自ら考え自身の能力向上に努められる者
  4. グローバル化する社会や科学技術に関心を持ち、異文化など多様性の受容に努められる者
  5. 価値観の異なる相手ともコミュニケーションを図り、互いの理解を深めながら学ぶ意欲のある者

入学までに身につけておくべき能力

  • 基礎学力として高等学校等で様々な教科を幅広く学習していること
  • 専門的知識および技能技術を学ぶ上で、理数系科目の基礎知識を身につけていること
  • ものづくり現場で必要となるコミュニケーション能力の向上のため、表現力の基礎となる国語の素養を身につけていること
  • グローバル化する社会や科学技術を理解するため、英語の素養を身につけていること

選抜方法および評価方法

ものつくり大学では、高等学校等で習得した基礎知識(数学、英語、国語、理科)、「学力の3要素」(※)、ものづくり分野での実績やものづくりへの熱意等を多角的に評価するため、多様な入試制度を用意しています。
大学入学共通テスト、個別学力検査、志願理由書や調査書などの出願書類、面接・口頭試問、小論文などを組み合わせて能力や資質を総合的に評価します。志願理由書や調査書等の出願書類では、思考力、表現力や主体性などを評価します。
以上の選抜方法で能力や資質を各入試により異なる比重で評価します。評価項目については、各試験に反映されています。

※「学力の3要素」とは、(1)知識・技能、(2)思考力・判断力・表現力等の能力、(3)主体性を持って多様な人と協働して学ぶ態度

入試制度

  1. 学校推薦型選抜
  2. 学校長の推薦を踏まえ、面接・口頭試問及び出願書類に基づき、学力の3要素とものづくりへの熱意やテクノロジストとしての資質を総合的に評価します。

    【評価方法】

    ●指定校推薦入試:面接・口頭試問(50点)、出願書類(10点)、推薦書参考

    ●推薦入試(公募制):面接・口頭試問(50点)、出願書類(10点)、推薦書参考


  3. 総合型選抜
  4. 各入学試験の趣旨に鑑み、入学志願者の能力・適性、学習に対する意欲、目的意識、ものづくりへの熱意や実績等を総合的に評価します。

    ●高大接続入試:
    面接・口頭試問、レポート、出願書類及び課題に基づき、学力の3要素とものづくりへの熱意やテクノロジストとしての資質を総合的に評価します。
    【評価方法】面接・口頭試問(50点)、レポート(20点)、出願書類(10点)、課題(適性検査)
    ●面接プレゼン入試:
    面接・口頭試問、プレゼンテーション及び出願書類に基づき、学力の3要素とものづくりへの熱意やテクノロジストとしての資質を総合的に評価します。
    【評価方法】プレゼンテーション、面接・口頭試問(50点)、出願書類(10点)
    ●ものづくり特待生入試:
    ものづくりの実績、面接・口頭試問及び出願書類に基づき、学力の3要素とものづくりへの熱意やテクノロジストとしての資質を総合的に評価します。
    【評価方法】ものづくりの実績、面接・口頭試問(50点)、出願書類(10点)
    ●女子スカラシップ入試:
    産業界から理系女子が求められている社会背景から、本学では、内閣府男女共同参画局が推進する「理工チャレンジ」に賛同し女子生徒の進学を支援します。面接・口頭試問及び出願書類に基づき、学力の3要素とものづくりへの熱意やテクノロジストとしての資質を総合的に評価します。
    【評価方法】面接・口頭試問(50点)、出願書類(10点)
    ●情報スカラシップ入試:
    内閣府が推進する「AI戦略」を踏まえ、AI人材育成に取り組むべく情報に関連する資格取得者を対象に面接・口頭試問及び出願書類に基づき、学力の3要素とものづくりへの熱意やテクノロジストとしての資質を総合的に評価します。
    【評価方法】面接・口頭試問(50点)、出願書類(10点)
    ●教養スカラシップ入試:
    文部科学省が推進する英語4技能や技能工芸学を学ぶ上で必要となる数学、国語の素養に関わる資格取得者を対象に面接・口頭試問及び出願書類に基づき、学力の3要素とものづくりへの熱意やテクノロジストとしての資質を総合的に評価します。
    【評価方法】面接・口頭試問(50点)、出願書類(10点)

  5. 一般選抜
  6. 本学独自の学力試験の成績と出願書類に基づき、技能工芸学部で学ぶための基礎学力と学力の3要素を総合的に評価します。

    【評価方法】

    ●学力特待生入試: 個別学力検査(国語、数学、英語)(300点)、出願書類(5点)

    ●数学特待生入試: 個別学力検査(数学)(100点)、面接・口頭試問(25点)、出願書類(5点)

    ●一般入試A日程、B日程: 個別学力検査(国語、数学、英語から2教科)(200点)、出願書類(5点)

    ●一般入試C日程: 個別学力検査(数学)(100点)、面接・口頭試問(25点)、出願書類(5点)

    ●小論文面接入試: 個別学力検査(小論文)(20点)、面接・口頭試問(50点)、出願書類(10点)


  7. 共通テスト利用試験(募集区分:一般選抜)
  8. 大学入学共通テストの成績と出願書類に基づき、技能工芸学部で学ぶための基礎学力と学力の3要素を総合的に評価します。

    【評価方法】

    ●共通テスト特待生入試: 大学入学共通テスト(数学、理科、英語の3教科)(300点)、出願書類(5点)

    ●共通テスト利用入試: 大学入学共通テスト(数学、理科、英語から2教科)(200点)、出願書類(5点)


  9. 専門学科・総合学科特別入試
  10. 高等学校で学んだ専門教育を踏まえ、面接・口頭試問及び出願書類に基づき、学力の3要素とものづくりへの熱意やテクノロジストとしての資質を総合的に評価します。

    【評価方法】面接・口頭試問(50点)、出願書類(10点)


  11. 特別選抜
  12. ●社会人入試:
    社会人としての実績を踏まえ、面接及び出願書類に基づき、ものづくりへの熱意やテクノロジストとしての資質を総合的に評価します。
    【評価方法】面接試験(40点)
    ●帰国子女入試:
    海外での経験や身に付けた知識・能力を踏まえ、面接及び出願書類に基づき、ものづくりへの熱意やテクノロジストとしての資質を総合的に評価します。
    【評価方法】面接試験(40点)
    ●外国人留学生入試:
    母国で身に付けた知識や能力を踏まえ、面接及び出願書類に基づき、ものづくりへの熱意や国際性を総合的に評価します。
    【評価方法】面接試験(40点)

総合機械学科

【ディプロマ・ポリシー】 (学位授与の方針)
高度なものづくりに対応できるテクノロジストを育成するため、総合機械学科が定めた以下の能力を身につけ、卒業要件として定める専門的な学修を体得し、その基準を満たした者に学位を授与する。

  1. 製造関連分野(機械デザイン、ロボットシステム、AI・情報システム、生産システム)に関わる基礎的学力、専門的知識、技術技能の他、実践的な場面で創意工夫ができる現場力を有すること。
  2. 学修課程のなかでチームが一丸となる協調性を持ち、また、リーダーとしての課題設定と解決のためのマネジメント力、困難を乗り越えられる耐力と胆力を有すること。
  3. 多様化する製造関連業界の一員となるため、異文化などの受容と尊重が行え、更に進化する科学技術や社会経済のグローバル化にも対応できる能力を有すること。
  4. 実社会が要求する専門的知識と技術技能に加え、社会性や倫理性を持って価値観の違う相手との双方向コミュニケーションが図れる能力を有すること。
【カリキュラム・ポリシー】 (教育課程の内容・方法の方針)
ディプロマ・ポリシーを満たし、ものづくりを深く理解するとともに、ものづくりに貢献できる人材を育成するために以下の方針に基づいてカリキュラムを編成します。

  1. 1・2年次では基礎学力を養うとともに、機械、電気電子、情報、経営等の工学の基礎、工業製品製造のための技術・技能の基礎を学習する。
  2. 3年次では、専門的な分野をより深く学ぶために、機械デザイン、ロボットシステム、AI・情報システム、生産システムの4つのモデルコースを軸とし、技能工芸に関連する知識や見識および技術・技能を学ぶ。
  3. 4年次では3年次までの学習の集大成として卒業研究・制作のいずれかを行う。各自で課題を設定し解決のための様々な検討を行うことにより、社会に貢献できる素養を身につける。
  4. 教養科目、専門講義系科目、専門実技系科目をバランス良く設定するとともに2、4年次に長期のインターンシップを実施する。
  5. 以上を通じて工業製品のものづくり全般にわたる実践的な技術・技能についての知識と管理能力および国際性を併せ持ったテクノロジストの育成を目指す。

建設学科

【ディプロマ・ポリシー】 (学位授与の方針)
高度なものづくりに対応できるテクノロジストを育成するため、建設学科が定めた以下の能力を身につけ、卒業要件として定める専門的な学修を体得し、その基準を満たした者に学位を授与する。

  1. 建設関連分野(木造建築、都市・建築、仕上・インテリア、建築デザイン)に関わる基礎的学力、専門的知識、技術技能の他、実践的な場面で創意工夫ができる現場力を有すること。
  2. 学修課程のなかでチームが一丸となる協調性を持ち、また、リーダーとしての課題設定と解決のためのマネジメント力、困難を乗り越えられる耐力と胆力を有すること。
  3. 多様化する建設関連業界の一員となるため、異文化などの受容と尊重が行え、更に進化する科学技術や社会経済のグローバル化にも対応できる能力を有すること。
  4. 実社会が要求する専門的知識と技術技能に加え、社会性や倫理性を持って価値観の違う相手との双方向コミュニケーションが図れる能力を有すること。
【カリキュラム・ポリシー】 (教育課程の内容・方法の方針)
ディプロマ・ポリシーを満たし、ものづくりを深く理解するとともに、ものづくりに貢献できる人材を育成するために以下の方針に基づいてカリキュラムを編成する。

  1. 1・2年次では基礎力を養い様々な分野について広く学習し、建設分野の全体像を把握するとともに、3年次での学習の目標を定める。
  2. 3年次では、専門的な分野をより深く学ぶために木造建築、都市・建築、仕上・インテリア、建築デザインの4つのモデルコースを軸とし、技能工芸に関連する知識や見識および技術・技能を学ぶ。
  3. 4年次では3年次までの学習の集大成として卒業研究・制作・設計のいずれかを行う。各自で課題を設定し解決のための様々な検討を行うことにより、社会に貢献できる素養を身につける。
  4. 教養科目、専門講義系科目、専門実技系科目をバランス良く設定するとともに、2、4年次に長期のインターンシップを実施する。
  5. 以上を通じて建設分野全般にわたる実践的な技術・技能についての知識と管理能力および国際性を併せ持つテクノロジストの育成を目指す。

大学院

【ディプロマ・ポリシー】(学位授与の方針)
修士学位プロジェクト、および研究科の指定する必修科目を含む授業科目の必要単位を習得することで、下記の実践的知識と実務的能力を獲得したものと認め、修士(ものつくり学)の学位を授与する。

  1. 広い視野からものづくりの真の価値を追求する態度と素養を有すること
  2. ものづくり技術や技能を探究する裏付けとなる高度な知識を有すること
  3. 自らがものづくりやものづくりのマネージメントを行える実践力を有すること
  4. ものづくりに関する研究課題を自ら設定し解決する探求力を有すること
【カリキュラム・ポリシー】(教育課程の内容・方法の方針)
ものづくりを既成の学問体系や産業構造及び職能にとらわれることなく、ものつくり学の視点から総合的に体系化し、これを主要な研究分野とし、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成することとする。

  1. 先端技術のみならず伝統技能や熟練技能を含む高度な技術・技能の知識・実践力を育成する
  2. 自らがものづくりに関わる研究課題を設定しかつ解決できる総合力を育成する
  3. 実務課題を導入し、実習やインターンシップを活用するなど、効果的に実践力を育成するよう配慮する
【アドミッション・ポリシー】(入学者受入れ方針)
ものつくり学研究科では、独創的かつ自発的に高度なものづくりを実践し、社会に貢献するマスター・テクノロジストを育成します。マスター・テクノロジストを目指して、高度な専門的知識および技能技術を探究するとともに、複合的で幅広い視点を備え、高度なものづくりを通して世界で活躍する強い意欲を持つ者の入学を期待しています。


求める学生像

  1. 本研究科で学ぶ強い意思を持ち、高度なものづくりに積極的に取り組める者
  2. 自ら課題を設定し分析評価する姿勢を持ち、実験・研究等に真摯に取り組める者
  3. 仲間と協力し、学術的論理を持って創意工夫や問題解決に努められる者
  4. 最新の科学技術や社会経済に関心を持ち、グローバルな視点で多様性の受容に努められる者
  5. 価値観の異なる相手とも互いの理解を深めながら学び、最善の帰結に努められる者

入学までに身につけておくべき能力

  • 積極的に実験・研究等に取り組む強い意欲や、探究心を持って高次のものづくりを学ぶ自主性を身につけていること(意欲、探究心、自主性)
  • 高い知的好奇心を持ち、理数系の基礎的理論や統計処理に関する科学的基礎知識およびコンピュータリテラシーを身につけていること(知的好奇心、科学的基礎知識、コンピュータリテラシー)
  • マスター・テクノロジストの素養として必要な一定の教養や倫理観に加え、論理的に考察する能力を身につけていること(教養、倫理観、論理性)
  • 国際社会や多文化を受容し、互いに理解して協調・協力するために必要な語学的素養やプレゼンテーション能力を身につけていること(文化受容性、語学的素養、プレゼンテーション能力)

お問い合わせ・資料請求