ものつくり大学 INSTITUTE OF TECHNOLOGISTS

メニュー

お知らせ一覧(総合)詳細

第8回ものつくり大学技能競技大会が開催されました

2019.11.01

10月27日(日)「碧蓮祭」2日目に、ティンバー実習場で「第8回ものつくり大学技能競技大会」が開催されました。
本学主催で開催している技能競技大会で、本学在学生を対象にスタートしたものですが、今では高校生も参加しています。
建築大工職種および家具職種が行われ、競技時間3時間で技能検定3級実技試験の課題を制作しました。

埼玉県技能士会連合会、建設埼玉、埼玉土建からも来賓・審査員としてお越しいただき、厳正な審査が行われ、以下の結果となりました。
建築大工職種では高校生が銀賞、家具職種では1年生が金賞を獲得しました。ものづくりのプロを目指す学生たちの励みとなったことでしょう。

各賞には副賞も贈られ、「特別賞」の副賞は、埼玉土建技能士会会長で本学の木造系実習の非常勤講師として学生を指導いただいている今野勝二氏からご提供いただきました。
建築大工職種の特別賞副賞は「かんな刃」、家具職種の特別賞副賞は「台がんな」で、家具職種特別賞の村上さんは立派な「台がんな」に驚き、喜んでいました。

建築大工職種(9名参加)
金賞  髙橋立(建設学科4年) ※特別賞同時受賞
銀賞  荒木海人(埼玉県立熊谷工業高校2年)
銅賞  兵頭冬尉(建設学科4年)

家具職種(7名参加)
金賞  鈴木岳大(建設学科1年)
銀賞  新美宥人(建設学科2年)
銅賞  高橋就宗(建設学科3年)
特別賞 村上緑(建設学科1年)

※特別賞・・・
建築大工職種は「技能の優れた選手」、家具職種は「作業エリアが常に整理整頓されており、競技中の作業の所作が最も美しく、安全衛生の観点から最も良いと思われた選手」に贈られました。

写真 : 建築大工職種 作業の様子、家具職種 作業の様子、表彰式