ものつくり大学 INSTITUTE OF TECHNOLOGISTS

メニュー

お知らせ一覧(総合)詳細

2020年度教員免許状更新講習を実施しました

2020.09.08

2020年8月20日(木)~22日(土)までの3日間、選択科目の教員免許状更新講習を実施しました。
1日目のテーマは「3DCADおよび3Dプリンタを活用したものづくり」で、高等学校の教員の方々5名が受講されました。松本教授、堀内教授の指導のもと、OpenSCADにてプログラミングを利用した3DCADによる画像や立体の作成を行いました。その後、実際に3Dプリンタを使った自動車モデルの造形を行い、無事に講習を終えることができました。

8月20日:講習風景

2日目のテーマは「身近な材料(金属・コンクリート)の特性と性能試験」で、3名が受講されました。午前は牧山講師の指導のもと、金属の性質や特性の基礎を学び、実際に引張試験と結果評価を行いました。また、曲げ加工体験として各自カード入れを製作し、引張試験動画や測定データを受講者の皆様にお渡ししました。午後は澤本教授の指導のもと、コンクリートの性質や活用例を学び、コンクリートの圧縮強度試験を行いました。また、コンクリートの非破壊試験の講義後、強度調査についても学びました。コンクリートを身近に感じてもらうために、各自コンクリート人形作りを行い、受講者の皆様には出来上がったコンクリート人形とともに、コンクリートブック、ガイドブックとクラックスケールをお渡ししました。

8月21日午前:講習風景

8月21日午後:講習風景

3日目のテーマは「木造住宅の耐震・耐風性能及び構造実験」で、3名が受講されました。
小野教授の指導のもと、木造住宅の地震被害の講義から入り、木材・木質材料の性質や構造の基礎、耐震・耐風性能について学びました。午後は実大の木造耐力壁の試験体を作って、壁の耐力や変形能力などの構造性能の実習を行いました。受講者の皆様には、木造耐力壁の模型とともに、後日試験結果データのご報告を行いました。

8月22日:講習風景

来年度も同様に、生徒への授業指導に展開できる手法を考えていただけるよう、ものづくりを体感できる講習を実施する予定です。