ものつくり大学 INSTITUTE OF TECHNOLOGISTS

メニュー
ものつくり大学一年のもっくん日記

秩父市と「ものつくり大」が連携協定

2011.05.24

今日は、埼玉新聞や東京新聞に「ものつくり大」の記事が掲載されてたんだ。昨日、5月23日に秩父市と連携協定を締結したんだって。 「新しい家づくりネットワークプロジェクト連携協定」の調印式。場所は秩父市役所市長室。調印式には、秩父市から久喜邦康市長、小櫃市郎市議会議長が、本学からは神本武征学長、白井裕泰教授、山口民弥教務・情報課長の5人が出席。今後、ものつくり大学建設学科の白井教授を中心とする「ものつくり大学21世紀型木造住宅建設フォーラム」によって、秩父産の木材を使用した「伝統的木造技術」及び「関連技術」を活かすことで、秩父産木材のブランド化を図り、秩父市の森林、林業、地域の活性化に寄与することが期待されてるんだって。また、協定締結のお祝いとして、「秩父地区森林振興・木造建築普及の会」相談役で市議会議長の小櫃市郎氏から、「ものつくり大」にヒノキの丸太(長さ4m・直径14cm)150本の目録が贈呈されたんだ。すごいね。