ものつくり大学 INSTITUTE OF TECHNOLOGISTS

メニュー

学科・研究科

仕上・インテリアコース

快適な生活環境づくりのための知識や技術を学ぶ

建物を風や雨から守るなど、より良い生活環境をつくるための外装・内装の仕上技能を習得するためのコースです。さまざまな材料と技法が存在する仕上では、高い技術・技能はもちろんのこと、材料特性の理解や風土に合わせた技法選択も重要な要素。
さらには作業者をまとめるマネジメント能力も必要とされる、奥深い分野です。またこのコースでは外装仕上に関わる造園や、内装仕上に関わる内装装備(インテリア)についても合わせて理解を深めます。

ピックアップカリキュラム

左官・タイル基礎および実習

RC型枠施工基礎および実習の授業で製作した壁を仕上げます。「ぬる」ことは湿式仕上の基本です。本実習では主に左官関連の技法を通して下地と仕上の関係や様々な仕上の技法等を学びます。また種々の材料や工法を比較しながら、風土との関係で仕上の意味を理解し、材料の歴史、工法に適した材料の選定などに関して理解を深めます。

家具技能および実習

仕上げ・インテリアコースに設けられている家具技能および実習では、本学の数ある実習の中で、唯一「家具」のデザインを学ぶ実習です。

木製椅子を題材に、授業内コンペを行い、選ばれた作品を1人1脚製作します。コンペを通して木製品の作図、読図、家具の設計を学び、製作では基本的な手加工、機械加工、“椅子張り”と呼ばれる椅子のクッション部分の製作も行います。

仕上技能工芸および実習

内部の天井と壁に関する仕上について、乾式工法を基本とする実習をおこない、使用する材料や施工方法および下地、仕上り精度、目地の処理など施工上のポイントについて理解します。毎回の授業内容の図解レポートを課し、次週までに提出します。

お問い合わせ・資料請求