ものつくり大学 INSTITUTE OF TECHNOLOGISTS

メニュー

学科・研究科

木造建築コース

伝統的技能の継承から現代木造住宅建築まで

古代から現代にまで脈々と受け継がれている木造建築の技法。その実践的な技術を学ぶ、日本の大学の建築教育の中でも非常に希少なコースです。
めざすのは木造の建築物を一式建てられるだけの、技能・技術と知識の獲得。木を中心とした素材への理解から、伝統技能に新たな創意工夫を加える発想力など、さまざまな能力が得られます。木造系建築物を建設するだけでなく、伝統的建造物の保存修理、復元などの分野でも活躍が期待されます。

ピックアップカリキュラム

木造基礎および実習

建設学科では、入学時に全員がノミ、カンナ、ノコギリといった木工手工具を購入します。
木造基礎および実習では、刃物(ノミとカンナ)の研磨からはじめ、まずは自分の道具を実習で使える状態にします。特に、カンナは、二枚の刃を研磨しさわったら、木製の台を仕上げ削り用に調整し、厚さ 0.02 ミリのカンナ屑(くず)を出せるようにまでします。

この試し削りの時は、マイクロメータを使って実際にカンナ屑の厚さを計測するので、 テスト材を削っては台を調整、削っては再調整・・ということで、学生が盛り上がります。

2Q 以降は、研磨した道具を使って、木材加工の基礎的な課題を製作していきます

木造応用および実習

基礎インターンシップを修了した 2 年次後半に開講される木造建築系の実習授業です。木造軸組工法による住宅の基礎的な設計監理と施工技術、生産プロセスを理解し、管理技術の基本を修得することが目標です。

「木造軸組工法」による小規模「木造住宅」の「軸組構造」の設計施工・・・なにやら似たような言葉が並び難解にみえると思いますが、木造住宅には、主に木造軸組工法(在来工法)や「伝統工法」などの工法があります。この実習では、木造軸組工法とはどんなものなのか?伝統工法って何?といった疑問を、原寸大の住宅を建てながら学びます。

木質構造および実験/木質系架構および実習

木造建築コースでは、3年次の専門科目として、木質構造の強さを学ぶ実験と、 木質系の架構体をチームでデザインして製作する実習があります。

建築を学ぶ理工系大学において、RC(鉄筋コンクリート)や鉄の破壊実験を行う授業はよく見かけますが、木質材を使った試験体の強度を測定する破壊実験を行えるところが、ものつくり大学の特徴の一つです。

木造総合および実習

2Q~4Q の期間をかけて、およそ15 人のチームを編成し、チーム毎に1棟ずつ東屋を製作します。一級技能士(建築大工職種)の資格を持つ非常勤講師が各チームを指導してくださり、柱四方転び・反り隅木入母屋造りの東屋の軸部の墨付け・刻み・組立を行います。

お問い合わせ・資料請求