ものつくり大学 INSTITUTE OF TECHNOLOGISTS

メニュー

大学案内

ものつくり大学

ものづくりで社会を支える「テクノロジスト-技能の分かる技術者-」をめざして

ものつくり大学は、基本的技能と「ものつくり魂」を基盤に据え、そこに科学・技術の知識とマネジメント能力を加え、新時代を切り拓く感性と倫理観を備えた人材の育成を目指しています。ここでは実学を重視し、従来のように理論から入るのではなく、まず現実にものに接し、ものの命を体感、体得し、そこから問題を発見し、自らその解決方法を見出し、自ら企画して製作するというプロセスを大切にしています。
そのため、従来の理工科系大学とは全く発想を変え、多くの実習の科目と長期間のインターンシップがあります。学生諸君には厳しい研鑚・努力が求められますが、きっと将来、大きな意味をもつと思います。
このようにして、「ものつくり」を通して、自己実現できるパイオニアを育成する。それが、ものつくり大学です。

ドラッカー氏によって名づけられた「テクノロジスト」とは?

ものつくり大学の英語名 Institute of Technologistsは、社会生態学者であり米国クレアモント大学院教授で、さらに2010年に大ヒットした「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」で注目を集めた故ピーター・F・ドラッカー氏によって名づけられました。「テクノロジスト」とは、ものづくりのベースとなる知識労働と肉体労働の両方を行える人、つまり、単に理論がわかるだけでなく、高度な技術の腕も併せ持っている人のことを言います。

大学名の由来

本学総長であった梅原猛先生による命名。ものづくりは縄文の時代から、わが国の誇りと言える優れた伝統です。古来の大和(やまと)言葉は濁点をふらないことから、現代日本語の慣用表記とは異なる「ものつくり」を用いた大学名が付けられています。

ごあいさつ

学長、会長、理事長、初代総長からのメッセージです。

設立趣旨・理念・ポリシー

ものつくり大学の設立趣旨と基本理念をお伝えします。

数字でわかるものつくり大学

ものつくり大学を数字で表します。

大学概要

本学の組織や沿革、様々なデータをご紹介します。

キャンパス・施設紹介

豊かな自然と最新設備を備えた施設をご紹介します。

アクセス

本学へのアクセス方法についてご覧いただけます。

広報活動

本学の広報活動についてご覧いただけます。

動画ギャラリー

ものつくり大学の特長や活動を広く知っていただくため、動画を紹介します。

点検・評価活動

認証評価、自己点検評価や各種アンケート結果を公開します。

外部団体との意見交換

外部団体との意見交換に関する情報です。

施設貸出

施設の貸出についてご覧いただけます。

キャンパスカレンダー

キャンパスカレンダーをご覧いただけます。

情報公開

各種情報を公開しています。

学生関連規程

学生に関連する規程の一部をご覧いただけます。

新型コロナウイルスに係る対応

新型コロナウイルスに係る大学の対応についてご覧いただけます。

お問い合わせ・資料請求