ものつくり大学 INSTITUTE OF TECHNOLOGISTS

メニュー

学科・研究科

学科・研究科

ものつくり大学は、国や産業界からの大きな期待を受けて、2001年、21世紀の幕開けとともに開学しました。
理論と実技を融合した革新的なカリキュラムと徹底した少人数実践教育で、社会の即戦力となる真の実力を身につけることができる工科系大学です。
1学部2学科、1研究科で構成されています。

総合機械学科

自動車や鉄道などの輸送機器、家電製品、スマートフォン、ひとの命を救う医療機器、ひとと直接かかわる機械、工場で製品をつくる産業ロボットなど、人々の生活は多様な機能や大きさを持った機械に支えられています。このような多岐にわたる機械をつくるためには、さまざまな分野の技術と技能が必要ですが、実際に製品をつくるための基本は共通しています。総合機械学科ではこの基本を習得するために機械設計や加工、電気電子機器開発、プログラム開発、情報、デザインなどの知識や技術を、教室の講義だけでなく実際に機械に触れ、モノをつくることで学んでいきます。
4つの履修モデルコースを設置しています。

機械デザインコース

機械設計を基礎から学び、製品価値を見通す力を養う
~使う人の視点に立ち、アイデアを形にする技術者をめざす~

ロボットシステムコース

未来のロボット 未来の社会を支える
~ロボットや自動化システムの設計・開発を担う技術者をめざす~

AI・情報システムコース

AI、IoT、データサイエンスを活用
~AI時代の新しいモノづくりを実現できる技術者をめざす~

生産システムコース

加工技術&マネジメント力を習得し、即戦力として現場へ
~ものづくりの最前線で活躍する生産技術者をめざす~

建設学科

建築物とは人々が暮らす生活空間であり、都市を形づくる機能であり、未来につながっていく環境でもあります。手掛ける建築物の大小はあっても、そこに注がれる技術や知識は、さまざまな要素を秘めています。それら建設に関わる多様な要素を、本格的な実習を通じて体感しながら学んでいくのが建設学科の大きな特長です。
キャンパス内にある屋外実習場で原寸モデルを建設していく過程では、講義や縮小モデル制作だけでは感じることのできない喜びや厳しさを感じ、やりがいや達成感を得ることができるでしよう。その経験こそが卒業後の大きな力となるのです。
4つの履修モデルコースを設置しております。

木造建築コース

伝統的技能の継承から現代木造住宅建築まで

都市・建築コース

スーパーゼネコンから専門工事業まで幅広い進路を実現

仕上・インテリアコース

快適な生活環境づくりのための知識や技術を学ぶ

建築デザインコース

原寸・現場感覚を身につけた建築士や設計士をめざす

大学院・ものつくり学研究科

大学院・ものつくり学研究科の目的は、現在のものづくりをさらに経済的・文化的・技術的に研究、発展させていくこと。「ものつくり学」の修士の取得が可能であり、ものづくり産業の発展を通じて、社会を支える人材を育成します。

お問い合わせ・資料請求