1年生 木造基礎実習Ⅳ 木製ベンチの形!


木製ベンチの脚と背もたれの受け材,座面になる部分は製材(角材)で組み立て,

背もたれと脚を繋ぐ部材は丸太を利用します。丸太は転がるので墨打ちや加工には滑り止めとなる冶具を置く等して工夫が必要です。

 

脚と背もたれが組みあがれば,座面を接合します。

座面を等間隔に隙間を空けて固定してから長さを合わせて切ります。

接合にはコースレッドビスという,ねじ山が深く鋭いものを用います。

二人一組で行う作業で,ペアの学生同士で加工がきっちり合い,

接合できるか等の不安もありましたが,

ここまで形が見えれば,後はもう一息といったところで,

学生らのモチベーションも向上していくようです。

最後の仕上げは,いよいよ塗装になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です