2022戸田研究室ゼミメンバー&主な活動内容


4年生12名,大学院生1名,教員1名の合計14名で1.2Qゼミは主に毎週火曜日午後に実施中!

今年度も住宅改修など現場施工が始まるプロジェクトがあり,それぞれの担当学生を中心にメンバーが協力して進めています!

2021年度配属当時のメンバー

主なプロジェクト :デザイン/ビルド(設計/施工)=実際に自ら設計デザインし制作することです。

建築再生展R&R2022(昨年度実施設計・竣工物件の展示):@東京ビックサイト6月16日~18日

・埼玉県加須市古民家改修プロジェクト(デザイン/ビルド):現在,調査中,今年度計画案策定予定。6月から調査再開中。

・千葉県佐倉市古民家改修プロジェクト(デザイン/ビルド,他大学・本学他研究室協働):現在最終調整中,7月頃着工予定,年度内竣工予定

・研究室および大学購買の「木質化」デザインプロジェクト(デザイン/ビルド):学生自らの居場所を日々,少しずつ木質化などで改修中。(研究室:靴箱,防音壁,棚,デスクなど,購買:カウンターパーテーション等)今年度制作予定

・特に上記の部分のデザイン等は研究室内に常設するデジタルファブリケーション(レーザーカッター・3Dプリンタ―等)機器で制作して,手加工や電動工具とともにDIY的なものづくりの実践や研究も行います。

・・・その他

自ら理解して実践しやすい規模」でデザインや設計・制作をしっかり学んでほしいと考えています。

それには「住宅やインテリア空間の規模」が卒研としては身につきやすいでしょう

人間が利用する身近な空間や環境を,人の暮らし方や気持ちを考えてデザイン/ビルド(設計/施工)することを研究することが重要です。そういった意味でも住宅や空き家・古民家,そして比較的柔らかく加工しやすく,活用時期を迎えている国産木材を身近な教材や研究対象として捉えています。

2021年度卒研発表会!


2022年1月25日~27日の3日間,2021年度の建設学科卒研発表会でした。戸田研究室は11名の4年生(設計3名,制作6名,論文2名)が無事に発表・質疑応答を終え,一段落です。お疲れ様!

埼玉建築士会支部だより「掲載」


アーキテクトビルダーとしてのデザインビルド的な木造建築教育の試み 戸田研究室5年間の実践

と題して,埼玉建築士会さいたま南支部だより,2021年7月,VOL.22,建築士の目 に寄稿しました。これまでの研究室活動を振り返る機会となり,卒業生はじめ学生たちとの思い出のエピソードがつまっています。

長野木造山荘の増改築設計・施工2


現場での検討内容も多く、大工さんらの知恵や技術を目の当たりに学生らもよい経験になっている様子。

既存部と増築部の取り合い
小屋裏

小屋裏は,なんとか寝転べるくらいで,太陽光発電の機材などの物置として使用予定。

増築部の内装

壁面はスギの無垢板を横張り。フローリングは工務店の既製品の突板余材を活用。本来は床も無垢板を張りたいが,余材を活用するという意味では施主の予算や工務店の材料ストックなどの状況に配慮した。

左:内装の小屋回り・右: 外部の筋交いや雪囲いを渡すための十手金物

内装は設備関係も入り、小屋裏の壁張りが進行。 外部は増築部分の筋交い補強や積雪対策の囲いを渡すための十手金物が付いた。現場担当学生からの日報と写真が毎晩届く。

小屋組み周りの火打ち梁に施された仕上げ

小屋組の火打梁は細かに板張りして上下の凹凸を納めた感じに。合板と無垢板の木目のコントラストも面白い。

内装はほぼ完了。

長野木造山荘の増改築設計・施工1


長野斑尾高原での木造山荘増改築工事が5月末に着工しました。研究室としては2年越しのプロジェクトです。

規模は2.5坪位で小さくとも、プロ(工務店)と本学当研究室で協働する意義は大きいでしょう。 雪国での建築は私も初めてで,もちろん学生も初めてでわからないことだらけですが、共に学ぶ、 On-the-Job Training!としての実践です。

遣り方(増築部の位置だし)。右側が既存の山荘
基礎打設
建て方完了: 軸組が斑尾の緑に映える夏至

2021戸田研究室ゼミメンバー&主な活動内容


4年生11名,大学院生1名,教員1名の合計13名で1Qゼミは毎週火曜日に進行中!

大学20周年記念の研究室取材にてメンバー集合写真

今年度は住宅改修など現場の施工が始まるプロジェクトが多く,忙しいですがそれぞれの担当学生を中心にメンバーが協力して進めていくことを望みます!

主なプロジェクト

・埼玉県戸田市空き家改築プロジェクト(設計・施工):現在,実施設計中,6月~7月初旬着工,年内竣工予定

・長野県飯山市木造山荘増改築プロジェクト(設計・施工):現在,現場進行中,5月着工,8月半ば竣工予定

・千葉県佐倉市古民家改修プロジェクト(設計・施工,他大学・本学他研究室協働):現在契約調整中,6月頃着工,年度内竣工予定

・埼玉県加須市古民家改修プロジェクト(設計・施工):現在,実測等調査中,夏頃設計開始,次年度以降施工予定

・研究室木質化プロジェクト(設計・施工):学生自らの居場所を日々,少しずつ木質化などで改修中。靴箱,防音壁,棚,デスクなど今年度制作予定

・・・その他

変わりつつある空き家事情:埼玉建設新聞にインタビュー記事掲載


2021年1月5日付の埼玉建設新聞に,戸田研究室と埼玉建築士会南支部で取組んでいる空き家に関する調査研究や設計に関して,教員戸田のインタビュー記事が掲載されました。

2017年度から取り組んでようやく,改修現場が動き出そうとしています。これまでの実測調査や卒業研究もフィードバックしていくつもりです。

2020年度戸田研3年生配属決定!


今年度はコロナ禍で遅くなりましたが,9月に新3年生11名の配属が決まりました。

2020年度4年生・3年生 中央棟木造実習場にて
2020年度 3年生11名(男子学生5名・女子学生6名)

短時間で三密配慮の中,4年生との顔合わせ,自己紹介をして例年のように記念撮影(撮影時のみマスクを外しました)。

3年生11名と4年生9名,教員1名の21名となりました。まあまあの大所帯です。私が着任して5年目で1学年11名は最大人数です。

木造住宅や設計・制作に関心のある学生が多いようです。戸田研5期生を迎えて,これからメンバー全員で協力して励んでいきましょう!

2020年度4年生・3年生 中央棟木造実習場にて

埼玉県経営者協会の「埼経協ニュース」へ寄稿


『埼玉の地域工務店の魅力-森林という共感価値-』と題して,埼玉県経営者協会の「埼経協ニュース」2002年6.7月号へ寄稿しました。

ルールや数字だけでなく,ものを見るのが一番分かりやすい,という一例として研究室の卒業研究で制作した木造構築物を紹介しました。ご笑覧下さい。

寄稿文『埼玉の地域工務店の魅力-森林という共感価値-』

https://www.saitamakeikyo.or.jp/business_guide/news/?action=multidatabase_action_main_filedownload&download_flag=1&upload_id=2135&metadata_id=10